佐賀県で遊ぶなら!佐賀県の人気おでかけスポット5選

2019年5月4日 8:00更新

東京ウォーカー(全国版) 桑原健太郎

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

有田焼や伊万里焼といったやきものが有名な佐賀県。やわらかく甘みのある味わいの佐賀牛や、呼子のイカといったグルメが豊富な佐賀県には、週末や休日のおでかけにぴったりの施設がたくさん!

今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、佐賀県で人気のおでかけスポット5選を紹介しよう(データは2019年4月1日時点のもの)。

佐賀大和温泉ホテル アマンディ

 

すべての画像を見る(5件)

例年6月から9月まで開放するプールには(9月は土日祝のみ営業)、ウォータースライダーをはじめ、ジャグジーや流水プール、洞窟プールなどがあり、多彩な遊びが楽しめる。

また、同ホテルには露天岩風呂など9種の風呂を備えた日帰り湯がスタンバイ。名物の療養泉「炭酸泉」を含んだ天然温泉につかって、泳ぎ疲れた身体をリフレッシュするのもおすすめだ。

佐賀県立宇宙科学館ゆめぎんが

 

佐賀の歴史から、地球上の自然現象、宇宙まで学べる科学館。マイナス20度の世界や月面歩行の疑似体験など、各ゾーンでは様々な体験型展示が楽しめる。また、大型望遠鏡を備えた天文台も備えている。

御船山楽園

 

御船山の山麓に位置する御船山楽園は、広大な敷地を埋め尽くす数十万の木や花々が四季折々に色づく日本庭園。

春は約20万本の桜が花を咲かせ、樹齢170年の大藤も咲き誇る。秋には園内が赤や黄色に色づき、紅葉の絶景が広がる。冬には冬枯れと雪景色で幻想的な雰囲気に包まれる。2009(平成21)年には国登録記念物に指定された。

高取山公園 わんぱく王国・そよかぜの丘

 

神埼市にある高取山の中腹にある公園。全長約200メートルの滑り台、ローラースライダー(200円/1回)や、山頂の展望所まで登れる長さ175メートルのモノライダー(片道200円)など、山の斜面を利用した遊具が配置されている。

草スキー(300円/1回)や円形広場には100円で乗れるバッテリーカーなどがあり、子供が楽しめる遊具が充実している。また、春には700本の桜や、シャクナゲ、ツツジ、フジが咲き、夏にはアジサイ、秋には紅葉と四季折々の自然を愛でることができる。

山中キャンプ場

 

自然あふれる林の中にあり夏でも快適なキャンプ場。金山登山道の入口にあたり、隣接する川や森での様々な遊びも楽しめる。設備はシンプルだが、リーズナブルな料金でテントサイトやバンガローが利用できる。

今回紹介したお出かけスポットの中には、時期によってアトラクションや展示内容が変わるところもある。気に入ったおでかけスポットは一度と言わず、二度三度と遊びに行くのもいいだろう。

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る