豚骨の名手が「ラーメンWalker神奈川2019限定麺ラリー」のために初の煮干しラーメンに挑戦!

2019年5月9日 20:28更新

横浜ウォーカー 取材・文/瀧本充広

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川県内の人気ラーメン店が「ラーメンWalker神奈川」読者のために月に1回ずつラリー形式で限定ラーメンを作る「限定麺ラリー」。‟令和最初”のまさにおめでたい限定麺を作るのは、神奈川はもとより県外からも多くのラーメン通が食べにくる豚骨の名店「うまいヨゆうちゃんラーメン」だ。

煮干しの旨味も苦味も出したジャンクな燕三条風ラーメンはインパクト大!

サバイバル☆ギッタン(1,000円)。ジャンク系燕三条風ラーメン
(C)KADOKAWA 撮影/奥西淳二

すべての画像を見る(3件)

「サバイバル☆ギッタン」(1,000円、1日25杯限定)。食べられるのは5月10日(金)、11日(土)、18(土)、25(土)。2014年2月にオープンしてから豚骨1本で勝負し、さまざまなグルメ誌やWEBサイトなどでも高い評価を得ている豚骨の名手。今回は「ラーメンWalker神奈川2019限定麺ラリー」のために、初めて豚骨以外のスープに挑戦するというラーメン通大注目の一杯だ。そんな貴重なラーメンに選んだのは「煮干し」。背脂が大量に入った燕三条風のラーメンを‟ゆうちゃん風”にアレンジをしたもので、食材に選んだサバ煮干しの甘味を存分に出すのはもちろん、煮干し専門店では出さない苦味もあえて出したジャンク系の燕三条風ラーメンになっている。ひと口飲んだだけでもわかるガツンとくる煮干しはインパクト大で、いうなれば‟どっ煮干”。また「ラーメンWalker」10周年を祝って、白色のスープにトウガラシを入れて紅白にする演出もニクい。これまでの「うまいヨゆうちゃんラーメン」のファンはもちろん、煮干し好きの人にもぜひ食べて欲しい一杯になっている。

名店「壱六家 大和店」で6年間修業をした店主の千葉雄一さん(C)KADOKAWA 撮影/奥西淳二

大きな体でユーモアもたっぷりの店主だが、ラーメンにかける情熱は一級品。豚骨にハマりラーメン店をはじめた店主が炊く初めての煮干しスープに注目しよう。

【ラーメンデータ】<麺>中/ストレート+手もみ(160g) <スープ>タレ:醤油 <種類>魚介(煮干)・豚骨

店の前にある‟どっ豚骨♥”の看板が目印のうまいヨゆうちゃんラーメン(C)KADOKAWA 撮影/奥西淳二

【うまいヨゆうちゃんラーメン】住所:神奈川県大和市植草柳3-15-15 電話:046-260-3790 時間:11:00~21:00(LO) 休み:水曜、第1木曜 席数:19席(カウンター7、テーブル12)※禁煙 駐車場:4台(無料) アクセス:小田急線、相鉄線大和駅北口より徒歩10分

限定麺ラリーは、2019年8月まで毎月開催。2019年6月は「徳島NOODLEぱどる」、7月は「拉麺大公」、そして大トリの8月は「麺屋BISQ」と人気店が続いていくので要チェック! 食べる際に各店からシールをもらって、本誌の台誌に貼ろう。10店舗巡って、すべてコンプリートすると、ラーメンWalker特製のレンゲを50名にプレゼント! また、ダブルチャンスで10店舗からのすてきなオリジナルのレアグッズが抽選でもらえる。定番メニューとは異なるこのイベントだけの珠玉の一杯をお楽しみに!

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker神奈川2019」が必要です(1人1冊、電子版不可)。

【ラーメンWalker神奈川2019】限定麺ラリー参加店舗(18年11月)ナルトもメンマもないけれど。、(18年12月)想〜SOU〜、(19年1月)53's Noodle、(19年2月)麺や でこ、(19年3月)らーめんshigetomi、(19年4月)味噌ラーメン 雪ぐに、(19年5月)うまいヨゆうちゃんラーメン、(19年6月)徳島NOODLE ぱどる、(18年7月)拉麺大公、(19年8月)麺屋BISQ 

【取材・文=瀧本充広、撮影=奥西淳二】

神奈川の最新ラーメン決定版!人気&定番313杯を収録!

10周年となるラーメンWalkerの神奈川最新版。話題のオープン50軒のほか、10周年にちなんだスペシャル企画も! 今年も変動あり、ラーメンウォーカーグランプリも発表!





【ラーメンWalker特設サイトで最新ニュース配信中!詳しくはコチラ】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る