「ラーメンWalker神奈川」限定麺!豚骨の名手が作る‟どっ煮干”の威力を体感!

2019年5月13日 10:39更新

横浜ウォーカー 取材・文/瀧本充広

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川のラーメンをけん引する若手店主10人が、2018年11月~2019年8月までの1年間、ひと月に1店舗ずつ「ラーメンWalker神奈川2019」読者のために限定麺を作るスペシャルラリー企画。今年は「ラーメンWalker」10周年のお祝い仕様というところもポイントだが、元号が令和になり、ますますお祝いムードも高まっている。そんな令和初の限定麺となった「うまいヨゆうちゃんラーメン」へさっそく行ってみた!

初の煮干しスープはビターな煮干しのインパクトが大!

サバイバル☆ギッタン(1,000円)。背脂たっぷりの燕三条風ラーメン

すべての画像を見る(2件)

豚骨の名店として多くラーメンフリークから人気を集める「うまいヨゆうちゃんラーメン」は、これまでも限定など、豚骨以外のラーメンを出してこなかった店だけに、どんなラーメンを作るのか注目だったが、登場したのは背脂やトウガラシがたっぷりとかかった見た目からしてジャンキーな一品。スープをひと口飲むと、大量のサバ煮干しに、煮干しを引き立たせるために豚骨、節系を加えたもので、煮干しの旨味と苦味が同居したような煮干しそのものを食べている感じと、塩分多目のスープがまさにインパクト大!それなのに嫌にならず最後までおいしく食べられるのだから、不思議なゆうちゃんの魔力に取りつかれたようなラーメンである。そのスープによく絡むのが平打ちで手もみされた太麺。まさにこのスープにはこの麺とい旨さに一体化した秀逸さが光る。

また、煮卵も通常の半熟ではなく、硬めのものになっているのも店主のこだわりか。煮卵を半分に割って、濃い目のスープに浸しておいてから食べると硬めの黄身にスープが染み込み、これが抜群に合う。刻み海苔、濃い目に味付けされたメンマ、さわやかさを演出するネギ、硬さと柔らかさのバランスがよいチャーシューと、トッピングもスープにピッタリとハマるだけに、クセにならないわけがない。

豚骨の名店「うまいヨゆうちゃんラーメン」。チャーハンも美味で人気に

1日限定25杯ということで、貴重な一杯を食べようと朝早くから多くの人がかけつけ、オープン時には限定杯数以上の人が並んだ。この限定麺が食べられるのは、残りは5月18日(土)と25日(土)の残り2回。これを逃すと当分の間は限定麺はやらない予定なので、なんとしてもこのチャンスは逃せない。

【うまいヨゆうちゃんラーメン】住所:神奈川県大和市植草柳3-15-15 電話:046-260-3790 時間:11:00~21:00(LO) 休み:水曜、第1木曜 席数:19席(カウンター7、テーブル12)※禁煙 駐車場:4台(無料) アクセス:小田急線、相鉄線大和駅北口より徒歩10分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker神奈川2019」が必要です(1人1冊、電子版不可)。

【ラーメンWalker神奈川2019】限定麺ラリー参加店舗(18年11月)ナルトもメンマもないけれど。、(18年12月)想〜SOU〜、(19年1月)53's Noodle、(19年2月)麺や でこ、(19年3月)らーめんshigetomi、(19年4月)味噌ラーメン 雪ぐに、(19年5月)うまいヨゆうちゃんラーメン、(19年6月)徳島NOODLE ぱどる、(18年7月)拉麺大公、(19年8月)麺屋BISQ

神奈川の最新ラーメン決定版!人気&定番313杯を収録!

10周年となるラーメンWalkerの神奈川最新版。話題のオープン50軒のほか、10周年にちなんだスペシャル企画も! 今年も変動あり、ラーメンウォーカーグランプリも発表!





【ラーメンWalker特設サイトで最新ニュース配信中!詳しくはコチラ】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

特集

ページ上部へ戻る