伝統に独自カラーをプラス!福岡・進化系”ヤング餃子”8選

2019年6月11日 17:30更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

美食の街・福岡は今、かつてないほど餃子づいている。2000年からの約10年間は、カジュアルな若者向けの店が一気に増加。バルスタイルから行列の絶えない店まで、若者に人気の進化系餃子を紹介!

カジュアルなバルスタイルで個性派の一品を味わう「竹餃」

竹餃 / 「竹餃餃子」(6個 380円)。ブランド豚と野菜が好バランス。自家製辛味噌をつけて堪能しよう ※写真はイメージ

バルスタイルで人気を博す、“オシャレ系餃子店”の筆頭株「竹餃(タケチャオ)」。バジルが効いた「レモン餃子」(6個480円)をはじめ、4種類の個性派を用意する。スパークリングワインなどと合わせて楽しもう。

竹餃 / 「レモン餃子」(6個 480円)

竹餃 / 外観の様子

[竹餃(タケチャオ)]福岡市中央区薬院1-12-32 / 092-732-3336 / 11:30~15:00、17:00~24:00 / 火曜休み

豚・牛のジューシーさを詰め込む至極の逸品「博多餃子 チャオズ」

博多餃子 チャオズ / 「博多餃子」(7個 410円)。手作りの皮は厚めでモチモチ。焼き面はパリッと心地よい食感だ ※写真は3人前

高宮通り沿いのかわいい看板が目印の「博多餃子 チャオズ」。「博多餃子」(7個410円※写真は3人前)は豚モモのブロック肉を刻んだ食感のいいあんに、牛脂と背脂でジューシーさをプラス。自家製辛味噌をつけるとさらにパンチのある味わいに。

博多餃子 チャオズ / 外観の様子

[博多餃子 チャオズ]福岡市中央区平尾2-2-20 平尾ファミリア102 / 092-534-5828 / 18:00~翌3:00(LO2:00) / 月曜休み

行列に並んででも食べたい激売れ餃子!「餃子屋 弐ノ弐 大名店」

餃子屋 弐ノ弐 大名店 / 「焼餃子」(7個 270円)。ほとんどの客が注文。熊本の甘口醤油ベースのタレで食べ進めて ※写真は2人前

すべての画像を見る(18件)

本店の熊本から福岡に進出し、約10年で警固、大名など5店舗に拡大した「餃子屋 弐ノ弐(にのに) 」。各店、行列必至で、平日も満席が続く盛況ぶり。ビール、「焼餃子」(7個270円※写真は2人前)や「水餃子」(6個324円)などの餃子が半額になるハッピーアワーも実施する(~18:30)。

【写真を見る】餃子屋 弐ノ弐 大名店 / 「水餃子」(6個 324円)。モチモチ皮の餃子に、鶏ガラスープのコクを染み込ませる

餃子屋 弐ノ弐 大名店 / 店内の様子

[餃子屋 弐ノ弐(にのに) 大名店]福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル1F / 092-732-9122 / 17:00~24:00(LO23:30) / 無休

極厚鉄鍋でジュージュー!!香ばしい音が食欲を刺激「博多餃子 游心」

博多餃子 游心 / 「博多餃子」(7個 432円)。2種類の粉を使う皮は、独特の食感。旨味もある辛味噌はお好みで ※写真は2人前

住吉の隠れ家的な一軒「博多餃子 游心(ゆうしん)」。「博多餃子」(7個432円※写真は2人前)のあんはジューシーな無菌豚と黒豚の背脂を中心に作り、具を大きくカットすることで程よい食感を出す。特注の四角い鉄鍋で焼き、熱々のまま卓上へ。

博多餃子 游心 / 外観の様子

[博多餃子 游心(ゆうしん)]福岡市博多区住吉2-7-7 ラ・コンチェルト1F / 092-282-3553 / 17:00~24:00 / 不定休

長崎産銘柄豚入り!熟成由来の肉汁感「博多一口餃子 アッカン」

博多一口餃子 アッカン / 「博多一口餃子」(10個 480円)。自家製ラー油を練り込んだあんは風味がいい。豚の脂身はクドくない ※写真は3人前

2018年、看板の「博多一口餃子」(10個480円※写真は3人前)を改良。あんにはコクの強い長崎県産ブランド豚を使い、3日熟成させてより奥深い味わいに。「チーズ」「とまチー」など8種類の変わり種餃子もある。

博多一口餃子 アッカン / 外観の様子

[博多一口餃子 アッカン]福岡市中央区大名1-5-5 / 092-713-7998 / 17:00~24:00、金・土曜 ~翌1:00(LO各30分前) / 月曜休み

めっちゃ濃厚な黒豚100%「博多一口餃子 ヤオマン」

博多一口餃子 ヤオマン / 「黒豚焼き餃子」(7個 453円)。薄皮をまとう羽がサクッといい食感。焼き上がりの香りが食欲をそそる

「駅から三百歩横丁」内に店がある「博多一口餃子 ヤオマン」。「黒豚焼き餃子」(7個453円)はうま味調味料を使用せず、鹿児島産黒豚「南洲金豚」の濃い旨味を生かす。脂身はしつこくなく、さっぱり。ランチ利用もできる。

博多一口餃子 ヤオマン / 外観の様子

[博多一口餃子 ヤオマン]福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビルB1 / 092-409-3858 / 11:00~24:00(LO23:00、ドリンク23:30) / 無休

六本松の路地裏で発見!パリパリ餃子にビールも進む「餃子と晩酌 まる」

餃子と晩酌 まる / 「一口焼き餃子 」(5個 280円)。あんは野菜多めでヘルシー。ゴマ油を加え、香り豊かに焼き上げる ※写真は2人前

店は路地裏にバーやスナックなどが集まる「京極街(きょうごくがい)」の一角にある「餃子と晩酌 まる」。「一口焼き餃子」(5個280円※写真は2人前)の丁寧にこね上げたあんは、とろけるような舌触り。薄皮でひと口サイズに包み、何個でも食べられる軽い食感にする。

餃子と晩酌 まる / 外観の様子

[餃子と晩酌 まる]福岡市中央区六本松2-3-17 ARK京極街203 / 092-716-5355 / 18:00~翌2:00(LO) / 日曜休み、不定休

大ぶりサイズで芳醇な旨味が倍増「餃子 一鉄」

餃子 一鉄 / 「餃子」(6個 360円)。モチモチの皮に具がぎっしり。炒めタマネギの甘味もほのかに感じる ※写真は2人前

3つの有名店で腕を磨いた店主の集大成といえる一店。「餃子」(6個360円※写真は2人前)のあんは約4日の熟成期間を設け、素材の味わいを最大限に引き出す。豚骨スープを練り込むため、肉汁から奥深いコクがあふれる。

餃子 一鉄 / 外観の様子

[餃子 一鉄]福岡市中央区六本松2-3-21 / 092-725-8210 / 11:30~15:00(LO)、18:00~23:00 / 火曜休み

この記事の画像一覧(全18枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る