“コメディ出身”の岡田准一、地元・枚方愛が炸裂! 映画「ザ・ファブル」大阪舞台挨拶

2019年6月7日 17:43更新

関西ウォーカー 町草告美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

累計発行部数400万部を突破したコミック原作の映画「ザ・ファブル」の試写会が、6月3日(月)に大阪のなんばパークスシネマで開催された。

映画「ザ・ファブル」大阪試写会にサプライズ登壇

すべての画像を見る(4件)

この日、上映前に司会者から「関西を代表するファブル大好きというあるお方にお越しいただいております」との紹介で登場したのは、主演の岡田准一と、木村文乃。

事前予告なしのサプライズ登場に会場は大興奮。黄色い歓声に包まれた。

「ザ・ファブル」は、裏社会で誰もが恐れる殺し屋として生きる男が、ボスから大阪で「1年間、一般人として普通に暮らせ」と命じられ、奮闘していく姿が描かれる。

岡田准一のストイックにこだわったアクションとコミカルな演技のギャップにも注目

伝説の殺し屋・アキラ役を務めた岡田は、「皆さん、こんにちは。お忙しい中ありがとうございます。(客席の)緑のシートが皆さん似合いますね。京阪の緑の電車で育ちました。スーパーひらパー兄さん、今度殺し屋になりました」と軽快な挨拶。

これまでアクションや格闘技などの技術を磨いてきた岡田は、元々、アクションで海外に売れるものを日本のエンターテイメントで作りたいという思いがあったといい、「本作は若い頃の夢を思い出させてくれ、日本でアクションが難しい環境の中で、限界に挑戦しようとスタッフが用意してくれました」と、感謝を述べた。

アキラの相棒のヨウコ役を演じた木村は、「大阪の地に作品と共に来れるというのは、普段から応援してくださっている皆さんのおかげだなとしみじみ思っております。普段、東京にいらして応援してくださっている分、こうして大阪の地に来れたことがとてもうれしいです」と客席に挨拶した。

お酒のシーンが多かった木村文乃は、アドリブ連発だったと明かす

ストイックな面と笑えるパートとギャップのある今回の役柄について岡田は、「こういう役の方がやりやすい。というか、コメディ出身なんで、僕。若い時、コメディの作品ばっか出てたので、わりと好きです」と笑った。

「ピュアに見えるように意識した」というその役作りについて、「ガハハと笑うとか、(猫舌で)「あつー!」というシーンとか、そこは枚方のひらパー兄さんが生かされていると思います」と語り、自身が園長も務めるひらかたパークへの愛を覗かせた。

また、本作でファイトコレオグラファーにも名を連ねる岡田は、アクション監督に動きをつけてもらう一方で、福士蒼汰演じるフードと対峙するシーンでは、自ら動きをつけたことなどを明かした。

兄妹のふりをして大阪の街で暮らすアキラ役の岡田とヨウコ役の木村

今回、大阪が舞台になっていることから一番好きな関西弁を尋ねられた木村が、「関西弁を使うことはないですけど、たこパはします。お家に鉄板のたこ焼き器があるので、関西人ぶって本物がいいなと思ってやります」と話すと、岡田は「素晴らしいですね」と静かに一言。木村から「絶対思ってない!」と、つっこまれる一幕もあった。

木村からお薦めの関西弁を尋ねられた岡田は、「ちゃうやんっていう。ちゃうやん。それ、ちゃうや~ん」と、独特なニュアンスで連呼。「顎を出しとけばそれっぽく見えます。体を使わなきゃいけないんですよ」と動きを交えてアドバイスした。

また、大阪に住むならどんな生活をしてみたいか尋ねられた岡田は「枚方T-SITEがおすすめです。皆さん、ぜひ行ってください。枚方をなんとかよろしくお願いします」と、ここでも枚方のアピールを忘れなかった。

最後に締めの挨拶を関西弁で言うよう求められた岡田は「え~元気?ほんまありがとう。映画おもろかったらぜひみんなに広めてほしいねんすけど、あの~そうでもなかったら、ほっといてください」と笑いを誘い、「本当にスカッとできるエンターテイメントになっていると思いますので、ぜひファブルの世界観を楽しんでください。よろしくお願いします」とメッセージを送った。

映画「ザ・ファブル」は、6月21日(金)より全国公開。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

特集

ページ上部へ戻る