緑あふれるオープンテラスが気持ちいい!上大岡の穴場イタリアン

2019年6月26日 11:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

さわやかな風が心地よい晴れた初夏の休日。リフレッシュをしたかったら、テラス席での食事がおすすめ!上大岡にある「FORESTARIA(フォレスタリア)」は、開放的なテラス席もある川沿いのイタリアンレストラン。太陽の光や風、緑などの自然を感じながら食事をするひと時は、心も体も癒されるはず。

上大岡の穴場!ゆったり時間が流れるリバーサイドレストラン

一軒家をリノベーションし、木漏れ日が気持ちよい店入り口

一軒家をリノベーションし、木漏れ日が気持ちよい店入り口
(C)KADOKAWA 撮影= 松本順子

すべての画像を見る(5件)

【写真を見る】上大岡駅の近くとは思えない開放感がある

【写真を見る】上大岡駅の近くとは思えない開放感がある(C)KADOKAWA 撮影= 松本順子

自然を感じられるテラス席。すぐ横には大岡川が流れる

自然を感じられるテラス席。すぐ横には大岡川が流れる(C)KADOKAWA 撮影= 松本順子

上大岡駅から徒歩3分の大岡川沿いにある「フォレスタリア」。緑に囲まれた川沿いの開放感ある空間が、“上大岡の意外な穴場”としても人気を集めている。オープンテラスもあり、犬の同伴も可能。心地よい風が抜けるテラス席で食事をしたら話も弾みそうだ。

緑色を取り入れたナチュラルな店内

緑色を取り入れたナチュラルな店内(C)KADOKAWA 撮影= 松本順子

店内はテーブル席とカウンター席のある広々とした造りで、天候が悪くてテラス席が使えなくてもゆっくりと店内で過ごすことができる。友達との集まりやデートなど様々なシチュエーションで使うことができる“知っていると自慢できる店”だ。

キノコが贅沢なイタリアンや夏季限定スパークリング飲み放も

「フォレスタリア」のコンセプトは、キノコが主役の“森の幸”。使用するキノコは高級食材のトリュフ、希少性の高いジャンボマッシュルームなど約10種類!国内・国外の様々なキノコに、三浦野菜をはじめとした地場野菜を取り入れてイタリアンテイストで表現する。

ピザは大きめなので2〜3人でシェアするのがオススメ

ピザは大きめなので2〜3人でシェアするのがオススメ(C)KADOKAWA 撮影= 松本順子

ディナータイムで販売しているオススメのピザは、サマートリュフと燻製ハムのピッツァ、三浦産セルバティコ添え(1,998円)。まろやかなクリームソースを、ハムの塩気とセルバティコの苦味が引き締める。生地はもっちりとした食感で食べ応えも抜群だ。

スパークリングワインと生ハムが60分間おかわりし放題の「かわどこアペリティーボ2019」(1,944円)は毎年夏季に人気のフェア。14:00〜17:00(LO)の60分制で、8月31日(土)まで開催。ビアガーデンにはない、ちょっぴり優雅なひと時を約束してくれるはず!

緑に囲まれたテラス席でゆったりと贅沢なひと時を過ごしてみては?

【構成=濱口真由美/取材・文=磯崎 舞/撮影=松本順子】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る