世界各国のオリーブオイルに合わせた地中海料理とワインを味わう「Olioteca KURIYA MURATA」

2019年8月12日 8:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

店主がセレクトした世界各地のエクストラバージンオリーブオイルの味と香りに合わせて作る地中海料理をワインと楽しむ店「Olioteca KURIYA MURATA」が神戸・三宮にオープン。国内では珍しいエステート系メーカーのオリーブオイルを味わうことができる。<※情報は関西ウォーカー(2019年14号)より>

オリーブオイルで味わうワインに合う地中海料理「Olioteca KURIYA MURATA」

棚には実の栽培からオイルの生産まで自前で一貫して行う新鮮なエクストラバージンオリーブオイルのみが並ぶ。気になるオリーブオイルがあれば、入れ替えながら9種用意するなかから3種選んでバゲットと塩でテイスティング(600円)もできる。スパイシー、苦味、フルーティなど、品種や産地での味の変化を楽しんで。

EXVオリーブオイルでマリネしたブラックアンガス肩ロースのステーキ(手前・1590円)、 アンチョビとブロッコリーのオイルパスタ(奥・1100円)/Olioteca KURIYA MURATA

EXVオリーブオイルでマリネしたブラックアンガス肩ロースのステーキ(手前・1590円)、 アンチョビとブロッコリーのオイルパスタ(奥・1100円)/Olioteca KURIYA MURATA

すべての画像を見る(3件)

2種をブレンドしたスパイシーで少し苦味のあるイタリア産オリーブオイルでマリネして、レアに仕上げたステーキは必食。

【写真を見る】2種のオリーブオイルを味わえる愛媛産真鯛のカルパッチョ(1100円)/Olioteca KURIYA MURATA

【写真を見る】2種のオリーブオイルを味わえる愛媛産真鯛のカルパッチョ(1100円)/Olioteca KURIYA MURATA

「EXVオリーブオイルはオリーブのフレッシュジュースと言われています。品種や生産地で風味や味が変わるので、違いを味わってみてください」と店主の村田直樹さん。

入口扉には、オリーブの木の枝で作った取っ手が。カウンター9席を設け、地中海にある建物をイメージした白い壁面が印象的/Olioteca KURIYA MURATA

入口扉には、オリーブの木の枝で作った取っ手が。カウンター9席を設け、地中海にある建物をイメージした白い壁面が印象的/Olioteca KURIYA MURATA

■お店DATA/個室:なし 飲み放題:要相談 クレジット:可 コース:要相談 予算:4000円~5000円

■Olioteca KURIYA MURATA<住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-1-9 ゴールドウッズ三宮ビル壱番館1-4 電話:078-515-6365 時間:17:00~翌1:00(LO24:00) 休み:水曜 席数:9席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急神戸三宮駅より徒歩2分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る