京の台所で極上昼飲み!錦市場の昼飲みできる店4選

2019年8月10日 8:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

錦市場には昼から気軽にお酒が飲める店も点在。おいしい料理をアテにして、気軽に昼酒を楽しもう!<※情報は関西ウォーカー(2019年17号)より>

香ばしい香りの中で極上のカキを堪能!「かき屋 錦・だいやす」

広島出身の創業者が開業した、カキ料理を豊富に扱う居酒屋。全国からその時期に一番いいカキを厳選して仕入れ、生や焼き、フライなどで提供。天然のブリなどのお造りメニューもある。連日、昼酒を楽しむ人でにぎわう。

プリプリの真ガキ2個(680円~)。身も厚く濃厚な甘味が魅力。値段は仕入れによって異なる/かき屋 錦・だいやす

プリプリの真ガキ2個(680円~)。身も厚く濃厚な甘味が魅力。値段は仕入れによって異なる/かき屋 錦・だいやす

すべての画像を見る(12件)

本日のかま塩焼き(720円)。脂がのったカマを香ばしく焼き上げた一品。塩加減がお酒によく合う/かき屋 錦・だいやす

本日のかま塩焼き(720円)。脂がのったカマを香ばしく焼き上げた一品。塩加減がお酒によく合う/かき屋 錦・だいやす

市場の通りに面したカウンター席のほか、店の奥には中庭を眺めながら料理を楽しめる落ち着いた雰囲気の空間も/かき屋 錦・だいやす

市場の通りに面したカウンター席のほか、店の奥には中庭を眺めながら料理を楽しめる落ち着いた雰囲気の空間も/かき屋 錦・だいやす

■かき屋 錦・だいやす<住所:京都市中京区錦小路通高倉東入ル中魚屋町509 電話:075-221-0246 時間:12:00~19:00(LO18:30) 休み:水曜、不定休 席数:約40席 タバコ:禁煙>

日本酒によく合うぬか漬がいっぱい「立ちのみ 賀花」

「京つけもの 錦・高倉屋」が運営する立ち飲み店。ぬか樽で漬け込まれた漬物をつまみに「都鶴」や「澤屋まつもと」など京都のお酒を楽しめる。「~錦・高倉屋」の隣にあるので漬物のテイクアウトもできる。

【写真を見る】ぬか漬けの盛り合わせ(380円)。キュウリなど人気の漬物7種を一度に味わえる/立ちのみ 賀花

【写真を見る】ぬか漬けの盛り合わせ(380円)。キュウリなど人気の漬物7種を一度に味わえる/立ちのみ 賀花

店頭で焼くA4ランクの黒毛和牛(1本800円)。神戸ビーフの串焼き(1500円)もあり/立ちのみ 賀花

店頭で焼くA4ランクの黒毛和牛(1本800円)。神戸ビーフの串焼き(1500円)もあり/立ちのみ 賀花

樽のテーブルが並べられた店内は、ぬかの香りに包まれている。店頭で販売している焼きたての牛串も人気/立ちのみ 賀花

樽のテーブルが並べられた店内は、ぬかの香りに包まれている。店頭で販売している焼きたての牛串も人気/立ちのみ 賀花

■立ちのみ 賀花<住所:京都市中京区錦小路通寺町東大文字町289-2 電話:075-231-0081 時間:12:00~19:00頃 休み:なし 席数:2席 タバコ:禁煙 ※夕方から喫煙可>

本格的な寿司と酒をサクッと立ち食い「立ち食い寿司 英」

店は椅子なしのカウンターのみ。8人ほどで満員というスペースで、旬のネタを使った新鮮な寿司を楽しめる。値段は2貫320円からとリーズナブル。シャリは少なめで、ひと口で食べやすいサイズだ。

ひと口サイズの名物の鯖ずし(1皿540円)。これだけを食べに来る常連も多い/立ち食い寿司 英

ひと口サイズの名物の鯖ずし(1皿540円)。これだけを食べに来る常連も多い/立ち食い寿司 英

はも2貫(540円)。夏の京都に欠かせないメニュー。梅肉でさっぱりとした味わい/立ち食い寿司 英

はも2貫(540円)。夏の京都に欠かせないメニュー。梅肉でさっぱりとした味わい/立ち食い寿司 英

明るい店主がお迎え。店が小さい分、店のスタッフとの距離も近く、自然と会話も弾んでくる/立ち食い寿司 英

明るい店主がお迎え。店が小さい分、店のスタッフとの距離も近く、自然と会話も弾んでくる/立ち食い寿司 英

■立ち食い寿司 英<住所:京都市中京区船屋町400 電話:075-251-6487 時間:12:00~16:00(LO15:30)、17:30~21:00(LO20:30)、土日祝12:00~20:00(LO19:30) 休み:水曜 席数:スタンディング8人 タバコ:禁煙>

日本酒で京都の文化を支える「津之喜酒舗」

1787年創業。京都の地酒のほか、全国から集めたえりすぐりの酒を取り扱う。また、地元の酒米農家や蔵元と協力し、店主が品質にこだわり、プロデュースしたオリジナルの酒も販売している。

店オリジナルの純米吟醸「都鶴」もあり、店頭で量り売りもしている(650円/150ml~)/津之喜酒舗

店オリジナルの純米吟醸「都鶴」もあり、店頭で量り売りもしている(650円/150ml~)/津之喜酒舗

店主は現在まで6種類の純米酒をプロデュース/津之喜酒舗

店主は現在まで6種類の純米酒をプロデュース/津之喜酒舗

量り売りされている「都鶴」はよく冷えていて、その場で飲むこともできる/津之喜酒舗

量り売りされている「都鶴」はよく冷えていて、その場で飲むこともできる/津之喜酒舗

■津之喜酒舗<住所:京都市中京区錦小路富小路東入ル東魚屋町194 電話:075-221-2441 時間:10:00~18:00 休み:第2・4水曜 席数:なし>

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る