博多駅の新たなランドマークで貴重な天然温泉を楽しむ「都ホテル 博多」

2019年11月2日 16:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年、日本各地で外資系ホテルや高級宿が続々オープン!そんなラグジュアリー路線の波が九州にも上陸中。休日は贅沢なスパでリフレッシュしよう。

福岡市街地の最新スパを日帰りで!「都ホテル 博多」

都ホテル 博多 / 水着着用で楽しむ混浴の「アウトドアスパ」。プール、ジェットバス、寝湯、足湯などを備える。水着の貸出(男性1000円、女性1500円・各税込)もあり

都ホテル 博多 / 水着着用で楽しむ混浴の「アウトドアスパ」。プール、ジェットバス、寝湯、足湯などを備える。水着の貸出(男性1000円、女性1500円・各税込)もあり

すべての画像を見る(7件)

博多駅の新たなランドマークとしてデビューした13階建ての高層ホテル「都ホテル 博多」。最上階には「アウトドアスパ」、内湯を備え、どちらも敷地内より汲み上げる天然温泉を使用。アウトドアスパは開放感抜群で、目の前に博多駅、遠くはアイランドシティ方面までを一望。飛行機が間近の空を飛ぶのも福岡市街地らしいロケーションで、日没後にライトアップされるとまた違った表情を見せる。プールサイドでスタッフに注文すれば、ドリンクや軽食も楽しめる。

【写真を見る】都ホテル 博多 / 男女別の内湯(写真は女湯)。男湯にはドライサウナ、女湯にはスチームサウナがある プールサイドのソファで、優雅なひと時を

【写真を見る】都ホテル 博多 / 男女別の内湯(写真は女湯)。男湯にはドライサウナ、女湯にはスチームサウナがある プールサイドのソファで、優雅なひと時を

都ホテル 博多 / プールサイドのソファで、優雅なひと時を

都ホテル 博多 / プールサイドのソファで、優雅なひと時を

都ホテル 博多 / 3F「サムウェア レストラン&バー」のランチブッフェ(2780円・税込)。フレンチデリ、デザートなど約60種が並ぶ。

都ホテル 博多 / 3F「サムウェア レストラン&バー」のランチブッフェ(2780円・税込)。フレンチデリ、デザートなど約60種が並ぶ。

都ホテル 博多 / 「カフェ エンパシー」のアフタヌーンティー(1人2400円・写真は2人分)。厳選したコーヒー、フランスの紅茶などが90分間フリードリンクとなる

都ホテル 博多 / 「カフェ エンパシー」のアフタヌーンティー(1人2400円・写真は2人分)。厳選したコーヒー、フランスの紅茶などが90分間フリードリンクとなる

都ホテル 博多 / 「カフェ エンパシー」のおすすめドリンクは、ビーツなど4種そろうフレーバーラテ(各680円)

都ホテル 博多 / 「カフェ エンパシー」のおすすめドリンクは、ビーツなど4種そろうフレーバーラテ(各680円)

都ホテル 博多 / フロント併設の「カフェ エンパシー」

都ホテル 博多 / フロント併設の「カフェ エンパシー」

[都ホテル 博多]福岡市博多区博多駅東2-1-1 / 092-441-3111 / デイタイム7:00〜17:00(最終受付16:00)、ナイトタイム17:30〜22:30(最終受付21:30)、カフェ11:30〜20:00(フードLO19:00、ドリンクLO19:30)、レストラン&バー7:00〜23:30(フードLO22:30、ドリンクLO23:00) / 不定休 / 「アウトドアスパ&内湯」デイタイム 12歳以上 5000円、6歳以上 2500円 ※5歳以下利用不可、ナイトタイム 5000円 ※19歳以下利用不可、内湯のみ12歳以上 2000円、4歳以上 1000円 ※3歳以下利用不可

【税率に関して】当記事で掲載している温泉入浴料は税込表記ですが、入浴料以外は税別表記としております(一部例外もあります)。また、商品によっては軽減税率の対象となる場合、本誌表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る