欧州のクリスマスを再現!冬の恒例イベント「たまアリ△タウンけやきひろばクリスマスマーケット2019」開催

2019年11月25日 15:27更新

東京ウォーカー(全国版) 篠田

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

さいたまスーパーアリーナに隣接する「けやきひろば」(埼玉県さいたま市)では、11月23日(土)から12月25日(水)まで、恒例のクリスマスイベント「たまアリ△タウンけやきひろばクリスマスマーケット2019」を開催する。

たまアリ△タウンが欧州のクリスマスに様変わり! ※画像は昨年のもの

たまアリ△タウンが欧州のクリスマスに様変わり! ※画像は昨年のもの

すべての画像を見る(5件)

クリスマスマーケットでは、ドイツや東欧・北欧などのクリスマス関連の輸入雑貨や西洋アンティークを販売するほか、温かいワインや北欧風のスープ、ドイツ風シチューやソーセージなどの軽食とデザートを用意して、ヨーロッパ伝統の雰囲気を再現。

【写真】ベルリンのクリスマスマーケットの雰囲気を再現 ※画像はイメージ

【写真】ベルリンのクリスマスマーケットの雰囲気を再現 ※画像はイメージ

ベルリンの「ジャンダルメン・マルクト」のクリスマスマーケットをイメージした装飾テントの天辺に輝く「ベツレヘムの星」とブルーのイルミネーションが相まって、幻想的な空間中クリスマスを楽しむことができる。

さらに、ベルリン名物「カリーブルスト(カレー味のソーセージ)」や「フラムクーヘン(熱い炎で焼いたケーキという名のアルザス地方の郷土料理)」など、県内ではここでしか食べられないメニューを取り揃えた「ベルリンカフェ」が登場。ベルリンの壁崩壊30周年記念デザインのオリジナルタンブラーを同カフェにて限定500個で販売する。購入したその場でタンブラーを使用して温かいワインやドリンクを飲むこともできる。

クリスマス気分を高める雑貨を販売

クリスマス気分を高める雑貨を販売

期日限定でオープンするヨーロッパ輸入雑貨を集めた「セレクトマーケット」は、初出店含む20店から素敵な商品が販売される。(※11月28日(木)と12月12日(木)は定休)ドイツなどから直輸入のクリスマス雑貨や、厳選された素材にこだわったドイツのボタニカルスキンケアグッズ、オーガニック食品、北欧らしい色使いとユニークなデザインのヒンメリアクセサリー、ラトビア産の木の人形やキッチンクロスなど、クリスマス気分がさらに盛り上がるアイテムが勢揃い。さらにこの時期ギフトにぴったりのシュタイフ社のテディベアの販売も行われる。

4日間限定でクリスマスコンサートが行われる ※画像はイメージ

4日間限定でクリスマスコンサートが行われる ※画像はイメージ

12月21日(土)・22日(日)・24日(火)・25日(火)の15時から20時までは、「クリスマスコンサート in けやきひろばイルミネーション」を開催する。けやきひろば1階プラザにて、ゴスペル、アカペラ、合唱など様々なジャンルのグループ、アーティストたちによる演奏を楽しめる。

恒例のクリスマスイベントがさらに楽しくなって今年も開催。家族みんなで楽しめるたま△アリタウンのクリスマスに出かけよう!

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る