大分県発!スイーツのようなストロベリー「ベリーツ」が関西地区で販売スタート!

2019年12月3日 19:25更新

関西ウォーカー 油井康子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大分県のオリジナル品種「ベリーツ」が、11月29日から京都市中央市場を中心とする関西地区で本格的に販売をスタートし、京都市内でお披露目会が開催された。

スペシャルPRアンバサダーに選ばれたモデルの谷川りさこさん

スペシャルPRアンバサダーに選ばれたモデルの谷川りさこさん

すべての画像を見る(6件)

「ベリーツ」は、約8年の歳月をかけて開発され、2017年に誕生した大分県のオリジナル品種。これまでは大分県内を中心に流通し、県民に愛されるイチゴとして知名度アップが図られてきた。

大分県の尾野賢治副知事から谷川さんに、PRアンバサダー就任記念状が贈られた

大分県の尾野賢治副知事から谷川さんに、PRアンバサダー就任記念状が贈られた

この日のために大分県から駆けつけた尾野賢治副知事は、「温泉県として知られている大分県ですが、実は食の宝庫でもあります。そんな大分県から誕生した『ベリーツ』は、真っ赤な色、芳醇な香り、甘さと酸味のバランスという三拍子がそろった自慢のイチゴ。目も舌も超えた京都の皆さんに召し上がっていただき、関西全域に広めていきたいです」とあいさつ。大分県地域農業推進課の安井さゆりさんによる「ベリーツ」の特徴や誕生までの経緯の説明や、ロゴやデザインのこだわりについて株式会社グリーンサークルの神鳥兼孝さんのプレゼンテーションが行われた後、今回スペシャルPRアンバサダーに選ばれたモデルの谷川りさこさんが登場。アンバサダーの就任を記念し、尾野副知事より記念状が手渡された。

イチゴ好きならではのエピソードを語った谷川さん

イチゴ好きならではのエピソードを語った谷川さん

ベリーツを実食して、思わず笑みがこぼれる谷川さん

ベリーツを実食して、思わず笑みがこぼれる谷川さん

「ベリーツ」をイメージした真っ赤なワンピースでイベントにのぞんだ谷川さんは、大のイチゴ好き。友人と行ったイチゴ狩りで50個もイチゴを食べたことや、子供の頃はおばあちゃんの手作りイチゴジャムを毎朝食べていたエピソードを披露し、会場を和ませた。イベント中盤で行われた試食では「甘さとみずみずしさがすごい!食べたりないくらいです(笑)。友達に教えたいし、母にも贈ってあげたいです。」とコメント。「『ベリーツ』は口の中でとろけて、幸せな気持ちになれるイチゴ。アンバサダーとして関西の皆さんに魅力を発信し、広めていきたいです」と満面の笑みをみせた。

会場では、京都悠洛ホテルが手がけたベリーツ特製ケーキがふるまわれた

会場では、京都悠洛ホテルが手がけたベリーツ特製ケーキがふるまわれた

会場にはベリーツを使ったタワーが設営され、甘い香りを漂わせていた。イベントの最後には、京都悠洛ホテル Mギャラリーによる特製ケーキも登場し、大粒のイチゴと、ベリーツ本来の甘さを生かしたケーキが出席者にふるまわれた。

約8年の開発期間を経て、2017年に誕生した大分県のオリジナル品種「ベリーツ」

約8年の開発期間を経て、2017年に誕生した大分県のオリジナル品種「ベリーツ」

この日「ベリーツ」は京都市中央市場内で1箱(12粒入り)10万円で落札。京都高島屋内の八百一で販売された。今後は関西各地の百貨店やスーパーで流通予定。販売計画量は約150トンを予定している。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

特集

ページ上部へ戻る