鉄道とイルミのコラボ!埼玉県で「鉄道博物館イルミネーション2019-2020」開催中

2019年12月10日 14:53更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

埼玉県さいたま市の鉄道博物館で2020年3月9日(月)まで、「鉄道博物館イルミネーション2019-2020」が開催されている。

パノラマデッキからは実際の電車の光とパークゾーンの光、両方が楽しめる

パノラマデッキからは実際の電車の光とパークゾーンの光、両方が楽しめる
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

館内北側の「ミニ運転パーク」を彩る冬の恒例イルミネーション。幻想的な雰囲気が、クリスマスシーズンや年末年始を盛り上げる。レールに反射するイルミネーションは鉄道博物館ならではの光景。パノラマデッキからはミニ運転パークのイルミネーションを見下ろしながら、新幹線が行き交う姿を楽しむことができる。

【写真】普段見る電車と異なる姿を見ておこう

【写真】普段見る電車と異なる姿を見ておこう写真は主催者提供

担当者は「毎年恒例となった鉄道博物館のイルミネーションは、館内のミニ運転パークを光あふれる幻想的な雰囲気が包み込みます。ミニ運転列車の信号現示と、約3万球の電飾が織りなす光の美しさは当館ならでは。ぜひお越しください」と見どころを話す。

鉄道が鮮やかな光で彩られる「鉄道博物館イルミネーション2019-2020」。ぜひ親子で訪れよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る