新宿のルミネ初売り・福袋に2100人が行列作る

2009年1月1日 15:07更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2009年元旦、多くの百貨店・ファッションビルの先陣を切り、新宿の「ルミネエスト新宿」で初売りが始まった。昨秋から続く不景気の影響もどこ吹く風、昨年よりも盛況な出足にルミネエストの担当者もひと安心のようだ。

元旦にも関わらず約2100人が行列を作った。ショップ前のスペースだけでは収まらず、隣のビル裏の路地まで行列は延びた。先頭で並んでいた女性は、12/31の大晦日23:30から開店を待ったという。

あまりの人出にオープン予定の10時半を待たず、10時10分に店のドアが開けられると多くの人が階段を駆け上がり、目的の売り場へと急いだ。店内ではショップごとに福袋を求める小さな行列ができていた。

この日、ルミネエストでは約130店舗が初売り・福袋に参加。あわせて約8000個の福袋が用意された。即日完売してしまう福袋もあるが、この後数日間なら間に合う店もあるという。【Walkerplus/齋藤宗敬】

※ルミネエスト新宿では、フロアなどにより行列が異なり、全部で7つの行列ができた。人数は7つの行列を合わせたもの。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る