“スライムつむり”のデザートも! ドラクエ誕生25周年で「ルイーダの酒場」がレベルUP

2011年5月27日 17:54更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

スクウェア・エニックスのロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズでおなじみの「ルイーダの酒場」。これをイメージしたオフィシャルバー「LUIDA'S BAR」(東京都港区)は、オープンしてから約1年3か月が経過するが、同ゲームが生誕25周年を迎えた今年は、この「ルイーダの酒場」も“レベル4”にレベルUP!“スライムつむり”をかたどったダイナミックなデザートや、“ゴールデンスライム”型のとろとろオムライスなど新メニューが登場する。

■インパクト大のデザート!「スライムつむりの抹茶コロネ~キラーウェーブと共に~」(750円)

カスタードホイップの「砂浜」とブルーゼリーの「海」の上にのるのは、抹茶アイスと巻貝状のパンで作った“スライムつむり”。同店のシェフは、パン屋でコロネを見かけた際、「まるで“スライムつむり”のようだ!」と思い、同メニューの開発に当たったそうだ。かなり大きなひと皿となっており、クリームの使用量もハンパない! コロネの周りのみならず、中にもたっぷりとクリームが入っているのが特徴だ。また、青色を使った食材を飲食店で提供するのは難しいと言われているが、ブルーハワイで色付けすることで問題をクリア。爽やかさ満点のブルーゼリーのおかげで、これからの季節にぴったりな一品となった。

■とろとろ玉子に癒される~!「ゴールデンスライムのデミオムライス」(950円)

同メニューは、とろ~り半熟の玉子に包まれた王の風格漂うオムライス。“ゴールデンスライム”をモチーフに、立体感のあるメニューに仕上げられた。「実は、同店はキャパシティが狭く、料理をするには難しい環境なんですが、あえて“半熟のオムライス”という難しい料理に挑戦してみました!」とは同シェフ。「ケチャップよりも高級感のある味付けを…」と、オリジナルのデミグラスソースが使用されているのも高ポイントだ。

■かわいさ満点!「スライムあんまん」(350円)

今回は、ふっくら生地の中に熱々のあんがたっぷり詰まった、キュートなあんまんも新登場! もともと人気のある「スライム肉まん」の仲間で、これまでに登場した「カレーまん」や「海老チリまん」の続編だ。「ただのあんまんではツマラナイ!」と、竹炭でグレーに色付けされた同メニューは、どことなく“メタルスライム”のような雰囲気!? ぎっしり入ったあんとスライムそっくりの見た目に大満足間違いナシだ。

ちなみに、ドラクエの世界観を再現したこの「ルイーダの酒場」は、オープン以来人気を博し、店内に入った客からは「わ~!スゴイ」と歓声が上がることもしばしば。ひとりで来店する女性客も多いという。また、現在はオープン当初よりも上述のような食事メニューが充実し、ますます楽しさあふれるスポットに。新作メニューが続々と登場しているので、まだ行ったことがないという人はぜひ訪れてみては!? 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る