三尺玉はスカイツリーと同じ高さまで打ち上がる!? 驚きの花火の高さ

2011年7月19日 22:23更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

花火はいったい、どのくらいの高さまで上がっているのか?

分かりやすい例でたとえると、直径約30cmの尺玉(10号玉)で330m。なんと東京タワー(約333m)とほぼ同じ高さまで上がっているのだ。

直径約90cmの三尺玉ともなるとスカイツリーと同等の600mまで到達する。

ちなみに、これは花火が打ち上がる高さ。その到達点を中心に、そこからさらに花火が開くので、花火の高さはもっと上がることになる。

5号玉でも約190m打ち上がって、東京ドームと同程度の直径約180mの大輪となるので、その最終的な到達点は上空280m。

尺玉だと500m近く、三尺では約880mに達する。

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る