「キャナルテラス西棟」&新しい橋で、南堀江が変わる!

2009年2月3日 11:41更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

08年12/20に完成し話題を集める大阪・南堀江の「浮庭橋」に続き、キャナルテラスの西棟が2/6(金曜)にオープンすることに。アクセスも便利になったうえ、川面に映る美しい夜景や個性的な飲食店の登場と、道頓堀リバーサイドがさらに魅力的になる。

「浮庭橋」は湊町と南堀江をつなぐ、長さ76.3m×幅4〜6.2mのつり橋形式歩行者専用橋。「浮かぶはらっぱ」をコンセプトに、橋上には芝生が、橋げたにはツタが植えられており、春には緑でおおわれる予定だ。休憩スペースも設置され、公募で選ばれたそのネーミングのとおり、道頓堀に浮かぶ憩いの庭になりそう。

その橋を一望できる「キャナルテラス」は、08年7/15の東棟に続き、西棟が2/6(金)ついにオープン! ブライダル設備を完備したイタリアン「Ristrante & Bridal 8G」と、空間にこだわりぬいた和食店「燈花」が登場する。抜群のリバービューと共に、絶品料理が堪能できる。

大阪・ミナミの夜に浮かび上がる浮庭橋と、キャナルテラスの温かい光が織り成す美しい夜景は、水都・大阪の新たな魅力を感じさせてくれるはず。バレンタインのデートにもイチオシだ。【関西ウォーカー編集部/薮 伸太郎】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る