AKB48の総選挙にも出たい!? 道重さゆみらハロプロメンバーが衝撃コメント

2012年1月23日 19:04更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2010年5月のサービス開始以来、現在までに会員数が約565万人を突破している大人気オンラインゲーム「ドラゴンネスト」。これまでにもロッテリアとのタイアップやコミカライズ、秋葉原でのライブイベントなどの企画を実施してきた本作だが、1月25日(水)より“神アイドル!ハロリ 下克上バトル”という新キャンペーンを展開することが決定。記者発表会が1月23日に行われ、ゲーム内で重要キャラ、ハロリの声を担当するモーニング娘。の道重さゆみさんと、今回、ハロリの声優候補として急浮上したBerryz工房の嗣永桃子さん、そしてお笑いコンビ、フォーリンラブのバービーさんが登壇した。

そもそもハロリとは、人間と魔物が共存する「ドラゴンネスト」の世界で、種族を問わず絶対的な人気を得ている史上最高の神アイドル。明るく優しそうな見た目とは裏腹に、様々な場面に登場しては、難問を突きつけてユーザーを翻弄するという、ちょっと小悪魔チックなキャラクターだ。昨年夏の発表イベントでは、道重さんの他、岡本夏生さんやお笑いコンビ、響の2人も乱入して大混乱となるものの、圧倒的な支持率で道重さんが勝利し、ハロリ役をゲットしたという経緯があり、彼女にとっても非常に思い入れのあるキャラクターなのだ。そんな彼女に、今度は同じハロープロジェクトの後輩である嗣永さんが「私の方がハロリ役にふさわしい」と挑戦状を叩きつけたのが、本イベントというわけだ。

この企画に対し、道重さんは「神アイドルであるハロリを演じられるのは、同じく神アイドルである私以外に考えられませんね。とはいえ、ハロプロメンバー同士でこういう競争はしたことがなかったので、ちょっと楽しみですね」と強気のコメント。一方の嗣永さんも「私は万人受けするタイプなので、道重さんよりも私がハロリになった方がもっと人気が出ると思います。今回の対決は絶対に私が勝つので、道重さんには先に謝っておきますね」と挑発的な意見を述べ、ステージは一触即発状態! しかし、嗣永さんが勢い余って、「AKB48の総選挙に出ても1位を取れる自信があります」と話すと「本当に怒られるから、それ以上言わないで!」と道重さんが口をつぐませる場面も見られ、実は仲が良いところを見せてくれた。

ゲーム内で道重さんと嗣永さんのどちらを応援するか(バービーさんは予選落ち)設定すると、後は自動的にユーザーの取った行動が支持する方のポイントとして加算される仕組みになっていて、最終的により多くのポイントを得た方がハロリ役として新たに任命されることになっている。参加者には、ノートパソコンや2人のサイン入りアイテムなどが抽選でプレゼントされるので「ドラゴンネスト」をより楽しむためにも、是非このキャンペーンに参加してみてはいかがだろうか。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る