ミイラが突然起き上がる恐怖の館が新登場!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに「ザ・マミー・ミュージアム」4/28(土)~7/8(日)期間限定オープン

2012年4月26日 19:44更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ユ二バーサル・ワンダーランドのオープンをはじめ、期間限定アトラクションなど、ニュース満載のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)に、新アトラクション「ザ・マミー・ミュージアム~ハムナプトラ 神々の呪い~」が4/28(土)~7/8(日)期間限定オープンする。このアトラクションは、ユニバーサル映画100周年特別企画の期間限定アトラクション。特殊メイクをはじめ、最高のSFX技術とサウンドシステムなどにこだわった、映画「ハムナプトラ」シリーズに登場するクリーチャーなどが登場する恐怖のアトラクション。

特徴は、2ルートあるので2回楽しめること。廃墟となった博物館が舞台。ツアールートは2つあり、どちらかを選んで参加することができる。

ルート1は「イムホテップの館」。ミイラが数多く眠るその場所で、あの究極の刑罰ホムダイに使用されたおびただしい数のスカラベ(肉食の甲虫)が、音を立てて足元をはい回る。ミイラたちが動いているのは、スカラベたちの仕業か、それとも復活の兆しなのか。ゲストに襲いかかるのは、恐怖という名の圧倒的なクオリティ。

ルート2は「アヌビスの復活」。死者をミイラに化して、冥界へと導く神アヌビス。その邪悪な存在の復活は、天候さえも最悪なものにする。「死の書」によるまがまがしい復活の儀式に立ち会ってしまうゲストたちは、誰もが思わず目を背けたくなる、おぞましい供物の数々と暗闇の中で遭遇することにより、最高の恐怖を体験。今まで味わったことのない恐怖を体験しよう!【取材・文=関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る