暑い夏の救世主!下半身の汗を抑える“ふんどし”レギンスが話題

2012年5月23日 12:38更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

チュニックやショートパンツに合わせるなど、今や女性のおしゃれの定番アイテムとなっている“レギンススタイル”。そんなレギンスを使った夏の着こなしを快適にしてくれるアイテムが登場し、話題になっている。通販サイト「ベルメゾンネット」で発売中の、その名もズバリ、「ふんどしレギンス」(2980円)だ。

“ふんどし”の機能をレギンスで再現したというこの商品は、お尻の部分に使用されているメッシュ素材の吸水速乾生地が汗をガードし、長時間イスに座っていてもベタつきにくいのが特徴。日本古来より愛されてきた“ふんどし”の原理で下半身の汗を抑えるという、なんともユニークな発想で開発された便利アイテムなのだ。

さらに、骨盤ラインと下腹部に使用した適度な締めつけの着圧素材で心地よい履き心地を実現。これにより、夏に必須の“涼感”だけでなく、“引き締め”も期待できるという、女性にうれしい2つの機能が備わった商品が誕生した。

「“ふんどし”のように、ピップアップラインはメッシュでとことん涼しく、お腹や太ももは、適度な着圧で引き締めて、気合いで汗を止めちゃいましょう!」(広報の浅川さん)。

夏のオシャレの大敵である“汗”に邪魔されることなく、暑い季節を快適にしてくれそうなこのアイテム。「夏もレギンススタイルが定番!」という人はもちろん、「夏はちょっと…」と敬遠していた人にもオススメなので、ぜひ一度試してみては?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る