ホールド感抜群!3モードを使い分ける最新タブレットを体験

2014年2月21日 17:58更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

独特の持ちやすいフォルムと快適な操作性で好評を博しているレノボ・ジャパンの最新タブレット「YOGA TABLET 8(ヨガ タブレット エイト)」(オープン価格)。商品の発売記念イベントが、エンターテインメントスペースageHa@studio coastで開催された。様々なコーナーや抽選会などが実施され、会場は大いに盛り上がった。

YOGA TABLET 8の最大の特徴は、用途に合わせて3モードの使い分けができるところだ。手に持つスタイルのホールドモードは、バッテリーシリンダー部分が重心になるため非常に持ちやすく、電子書籍やSNSを読むのに適している。約404gの軽量コンパクトボディーなので、長時間持ち続けても疲れない、というのも嬉しい。

好きな場所に自由に設置できるスタンドモードは、友人や家族と動画鑑賞、ビデオチャットを楽しむのに向いている。また、タッチ操作に適した傾きを取り入れたチルトモードなら、ゲームやタイピング、ウェブブラウジングなどがスムーズに行えるので、これまで以上に多彩な使い方ができそう。さらに、約16時間利用できる長時間バッテリーを搭載し(WiFi使用時)、3G通信対応のSIMカードも同梱されているので、どこでも気軽にインターネットが楽しめるのも本商品の大きな魅力と言えるだろう。

今回のイベントは、世界的なDJ・ダンスプロデューサーのYOJIがフラッグシップを務めるパーティー「TREASURE HUNTERS」と連動したもの。“音楽を楽しみながら最新ガジェットを体験する”というコンセプトで、会場内にはタッチ&トライコーナーが設けられ、レノボガールにレクチャーを受けながら各機能を体験できるようになっていた。また、同コーナーのパネルの前で記念撮影をした人の中から抽選で10名にYOGA TABLET 8がプレゼントされる抽選会も2回実施。コーナー周辺には、常に人だかりができていたのが印象的だった。

従来のタブレットとは一線を画すデザインで、使いやすさを徹底追求したYOGA TABLET 8。タブレットを持っていない人はもちろん、買い替えを考えていた人も、この手になじむホールド感を体験すれば、きっと本商品が欲しくなるはずだ。【Walkerplus】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る