前代未聞!?AKB48が“12人いっせい始球式”に挑戦!

2009年7月2日 19:13更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

AKB48が「読売巨人軍創立75周年応援隊」に任命、7/1(水)の巨人対広島戦で、なんと“12人一斉始球式”を行った。

AKB48の代表メンバー12人(板野友美・大島優子・小野恵令奈・柏木由紀・小嶋陽菜・篠田麻里子・高橋みなみ・前田敦子・松井珠理奈(SKE48)・松井玲奈(SKE48)・宮崎美穂・宮澤佐江…50音順、敬称略)は、トレードマークの制服に、“AKB48”と書かれたオリジナルユニホームを羽織った姿で登場。

12人を代表して前田さんが「今日は日本の元気のため、ジャイアンツの勝利のため、皆さんと応援します!」と客席に呼びかけると、ドームは大きな歓声に包まれた。

その後、12人が横一列に並び、12人のキャッチャーへ向けて一斉に始球式を開始。「練習相手との距離を徐々にのばして、遠くに投げる練習をしました」(前田さん)、「公園にユニホームとスニーカーを持っていって練習しました」(柏木さん)と話す通り、練習の効果が見られたメンバーもいた。

この日は試合前セレモニーで、新曲「涙サプライズ!」も披露した。ドームの広い会場内で元気よく歌い踊った12人は、「夢の東京ドームで歌えてよかった」(前田さん)、「すごい大役でとても緊張しました」(篠田さん)と話した。

読売巨人軍創立75周年となる今年は、応援団のAKB48と巨人軍がコラボしたグッズなども展開。オリジナルフォトやユニホームが当たる抽選券付きの指定席「AKB48シート」(7/7〜7/9の試合対象、3700円・5200円)も販売中なのでこちらもチェックして。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る