新たに3商品投入!マックが“チキンメニュー”を強化

2009年7月9日 17:49更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

マクドナルドが昨年7月から販売を開始し、そのスパイシーな後味とジューシーなチキンで人気となった「ジューシーチキン 赤とうがらし」(290〜310円)。それに続いて、新たにチキンメニュー3点を7/17(金)より期間限定で発売。「夏のドラマチックチキン」と題し、チキンメニューの強化を図る。

新発売となるのは、「ジューシーチキン ブラックペッパー」(290〜310円)のほか、新しいサイドメニューとなるブラックペッパーとスパイスの香り豊かな「黒辛チキン」、レッドペッパーがピリっとおいしい「赤辛チキン」(各150円)の3つ。いずれも柔らかでジューシーな鶏モモ肉の一枚肉をサクサクの衣で包んだもので、暑い夏ならではの辛〜い味が食欲をそそる商品だ。

特に「ジューシーチキン ブラックペッパー」は、ブラックペッパーの香りが豊かなサクサクな衣とチーズやアンチョビ風味が利いたソース、新鮮なレタスの組み合わせがクセになる一品。「ジューシーチキン 赤とうがらし」と並ぶ人気になりそう。

全国の約3100店舗で販売されるこれらのチキンメニュー、全てスパイシーな辛さが特徴のもの。夏に向けて、マクドナルドが“辛〜い”チキン旋風を巻き起こしそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る