築地発祥の老舗和菓子屋の新年“幸”福袋!気になる中身は…

2016年12月28日 18:04更新

東京ウォーカー(全国版) コタニ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

築地発祥の老舗和菓子屋から幸せを呼ぶ福袋が登場。

大正元年に築地で創業された「築地ちとせ」は、「新年“幸”福袋」(1500円)を期間限定ショップの東京ソラマチ店と東武池袋本店で販売する。

「新年“幸”福袋」(1500円)

「新年“幸”福袋」(1500円)

すべての画像を見る(2件)

宮内庁御用達を拝命するなど、確かな技で歴史を刻んできた「築地ちとせ」。今回販売する福袋には、人気のせんべいシリーズの「天ぷらせんべい6枚入り」と「のり天せんべい6枚入り」、オリジナル風呂敷が入る。

「天ぷらせんべい」は、サクサク食感で一番人気の逸品。歴史ある「築地ちとせ」が新たに生み出した「東京お料理菓子」のひとつとなっている。

良質な天然海老をふんだんに使用し、日本三大葱の一つである「岩津ねぎ」のほか、5種のこだわり食材でかき揚げを表現した。

「のり天せんべい」は、「天ぷらせんべい」の第2弾。「江戸前海苔」と青のり類のなかでも、最もおいしく香気がよいとされている「四国産すじ青のり」をたっぷりと練り込んだ。

素材の味を引き立てる赤穂の塩で仕上げ、豊かな磯の香りと程よい塩味がクセになる味わいを生み出している。

東京ソラマチ店では2017年1月1日(祝・日)、東武池袋本店では2017年1月2日(月)から販売され、ともになくなり次第終了となる。由緒正しき老舗和菓子屋の福袋で、2017年の幸せを呼び込もう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る