ストラスブール美術館展

開催中

2019年9月13日(金)~11月4日(月)
※月曜(9月16日、23日、10月14日開催)、9月17日(火)、24日(火)、10月15日(火)休み

開催時間
9:30~17:00 最終発券16:30
  • 一日の時間帯を変えて描いた5点の連作の一つ
    クロード・モネ《ひなげしの咲く麦畑》 1890年頃 (C) Musee d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg Photo Musees de Strasbourg.

  • パリで学んだシスレーは、ルノワールやモネとともに戸外で作品を制作。印象主義の画風を確立していった
    アルフレッド・シスレー《家のある風景》1873年頃 (C) Musee d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg Photo Musees de Strasbourg.

  • 地中海を望む南仏の港アンティーブの夕景を描いた作品
    ポール・シニャック《アンティーブ、夕暮れ》1914年 (C) Musee d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg Photo Musees de Strasbourg.

  • 都会の文明を捨ててゴーギャンが南の島に旅立つのは、この作品が描かれた年といわれているい
    ポール・ゴーギャン《ドラクロワのエスキースのある静物》1887年頃 (C) Musee d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg Photo Musees de Strasbourg.

  • 最も有名な女性画家の一人であるマリー・ローランサン。彼女が描く女性像は、誰をもうっとりさせてしまう
    マリー・ローランサン《マリー・ドルモワの肖像》1949年 (C) Musee d’Art Moderne et Contemporain de Strasbourg Photo Musees de Strasbourg.

ストラスブールからやってきた名品の数々を満喫

ドイツの国境近く、フランス北東部アルザス地方の中心地ストラスブールは、10館にもおよぶ美術館、博物館を擁し、多岐にわたる優れたコレクションを所蔵。中でもストラスブール近現代美術館は、印象派から現代美術までを網羅し、フランス国内でも屈指の規模の美術館として知られている。本展では、主にストラスブール近現代美術館のコレクションによって印象派の画家から20世紀美術の開拓者まで、近現代美術の流れを辿る。キュビスム、抽象、シュルレアリスムなど、印象派からモダンアートへの展開を様々な視点で紹介。大人も子供も楽しめる。

[公式ホームページなど、ストラスブール美術館展の詳しいイベント情報を見る]
開催場所
宮城県の天気
本日21℃12℃
明日17℃12℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

宮城県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
特集

ページ上部へ戻る