福岡市博物館

場所
九州 福岡県
最寄り駅
西新駅(福岡県)
  • 駐車場あり

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • エミール・アントワーヌ・ブールデルの4体のブロンズ像が立つ
    画像提供:福岡市博物館

  • 広々としたグランドホール
    画像提供:福岡市博物館

  • 貴重な展示がずらり
    画像提供:福岡市博物館

  • 舁き山「軍師官兵衛之勲」は必見
    画像提供:福岡市博物館

福岡県の天気
本日35℃28℃
明日35℃28℃
住所

福岡県福岡市早良区百道浜3-1-1[地図]

アクセス

【電車】地下鉄西新駅から徒歩15分 【車】福岡都市高速道路百道ランプから約3分

予約

不要

営業時間

9:30~17:30 (最終入館17:00)

夏期は開館時間に変更があるため、HPにて要確認。

定休日

月曜(祝日の場合翌日)

駐車場

250台  無料

博物館利用に限り

料金

こちらよりご確認ください

電話番号1 092-845-5011
[公式サイトなど、福岡市博物館の詳しい施設情報を見る]

国宝金印「漢委奴国王」は必見

福岡タワーやペイペイドーム(福岡ドーム)に隣接しており、1990(平成2)年10月に地域の歴史と民俗を研究・展示する博物館として誕生した。上から見ると100m×100mの正方形をしており、正面入口両側にはフランス近代彫刻の巨匠エミール・アントワーヌ・ブールデルの4体のブロンズ像が立つ。常設展示室では“FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと”をテーマにした福岡の歴史と民俗を紹介している。なかでも注目なのは、中国・後漢の光武帝が倭の奴国王に贈った国宝金印「漢委奴国王」だ。他にも博物館資料や館外の文化財を紹介する企画展示に、年5、6回の特別展示も行っている。

見どころ

天下三名槍の一つ、名物「日本号」をはじめ、福岡藩主黒田家の名宝を所蔵。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

タグ・カテゴリ

早良区/西区のイベント情報

最寄り駅のスポットを探し直す

最寄り駅の路線沿線からスポットを探し直す

  • 福岡市営地下鉄空港線

福岡県スポットランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

よく使われる検索条件

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る