【行ったつもりハイキング】渓谷美が広がる廃線跡を散策「兵庫・武庫川渓谷」

2020年5月3日 13:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

外出できない今だから、おうちで絶景ハイキングコースをたどる「行ったつもりツアー」を提案。<※情報は発売中の「関西の山登り&ハイキング」より>

JR生瀬駅側から3つ目のトンネルとなる横溝尾トンネル。約150メートルのトンネルの先には第二武庫川橋梁が


1986年に廃線となった旧国鉄の福知山線。この武庫川の渓谷に沿って延びる廃線跡は、関西でも人気のトレッキングコース。

JR生瀬駅から武田 尾温泉まで約7キロと手ごろな距離で、途中、トンネルや橋梁など国鉄時代を思い起こさせるスポットに遭遇。武庫川の渓谷美を眺めながら、冒険心をくすぐる廃線トレイルへ出発進行!

廃線跡だけど危なくない?

国鉄時代の約4.7キロの区間中、西宮側の約3.2キロを工事。橋やコースわきのさくを整備するなどの安全対策を行ったほか、案内看板と注意看板を設置し、ハイキングコースとして整備された。ただし、一般開放後も利用は自己責任なので注意して歩こう 。

1「廃線跡」約4.7キロの廃線跡コース

廃線跡を利用した約4.7キロのハイキングコース。トンネルや橋梁はもちろん枕木なども当時のままで、国鉄時代のおもかげが残る。

旧待避所を利用した展望場所などもあり、渓谷美も楽しめる


2「北山第2トンネル」ひんやりと暗い最長トンネル

コース上にある6カ所のトンネルのなかで最長のトンネル。約413メートルのトンネル内は真っ暗でひんやり。冒険心を一番盛り上げてくれる。トンネル内は真っ暗なので注意しよう。

冷たい風が流れるトンネルの出入口


3「第二武庫川橋梁」渓谷美が広がる赤い橋梁

全長約70メートルのトラス式の橋梁で、廃線コースを象徴するスポット。橋の上からは武庫川の渓谷美が広がり、写真スポットとしても人気。

【写真】橋の両側に広がる渓谷美が魅力


4「親水広場」川原の休憩スポット

桜の名所として有名な「桜の園」横に広がる休憩スポット。川原まで降りることができ、武庫川の川辺でお弁当を広げる人も多い。増水時などは危険なので注意して。

川原まで降りられる数少ない場所

※今は風景を家で楽しみ、不要不急の外出は控えましょう

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る