【行ったつもりハイキング】アートと絶景のコラボを堪能「兵庫・六甲山上」

2020年5月4日 10:45更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

外出できない今だから、おうちで絶景山歩きコースをたどる「行ったつもりツアー」を提案。<※情報は発売中の「関西の山登り&ハイキング」より>

六甲ガーデンテラス内で最も高い場所にある展望台


ハイキングコースとして人気の兵庫県・六甲山上には、展望スポットをはじめ植物園など多くの観光施設が点在する。そんな六甲山の人気スポットを周遊するのがこのルート。

登頂&下山には六甲ケーブルを利用。近畿自然歩道やノースロードなど森林ハイキングを楽しみながら周遊しよう。途中バスなどをうまく利用すればさらに楽ちんだ。

1「自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ」阪神間を眺める展望台

六甲山上に立つ大きな樹がコンセプトの人気展望台。枝垂れをイメージしたヒノキのフレーム越しに 阪神間の町並みや六甲山系の景色を満喫できる。

心地よいヒノキの香りに包まれ、フレーム越しに360度のパノラマが! 春夏秋冬の期間限定で行う「六甲山光のアート」では、展望台が光に包まれ、幻想的な雰囲気になる。

【写真】大樹の下にいるような展望台の中


2「六甲高山植物園」季節の花が咲き乱れる

1933年に開園した歴史ある高山植物園。海抜865メートルにある園内では六甲山自生植物から世界の高山植物、寒冷地植物まで約1500種の植物が栽培されている。 日本を代表する高山植物の女王のコクマサもあり、6月ごろに開花する。

高山の岩場の風景を模したロックガーデンなど園内を散策しよう


3「六甲山記念碑台」神戸市街の展望が開ける

六甲山開発の父、A.H.グルームの碑がある展望広場で、神戸の市街地方面の景色を望める。場内には六甲山ビジターセンターや六甲山ガイドハウスもある。

標高約796mの山上にある展望広場からの景色


4「ダイヤモンドポイント」北側の景色はここから

六甲山記念碑台からノースロードを進むと到着する展望広場。北神戸など六甲山北側の景色が一望できる。ほかの展望台と違い人も少なく静かに景色が楽しめる場所だ。

絶景が目の前に広がる!


5「三国池」静かな池のそばでひと休み

A.H.グルームが最初に別荘を建てた地にある池。六甲山の観光エリアから少し離れているので、とても静かな雰囲気。晴天で風がない日など水面に映る木々の影がきれい。

三国池の周辺にはベンチも


6「TENRAN CAFE」絶景カフェでスイーツを

六甲山の人気展望スポット「天覧台」にあるカフェ。阪神間の絶景が一望できる店内&テラス席で、六甲山で採れたハチミツなどを使ったスイーツ&グルメが味わえる。天気のよい日はテラス席が人気で、ここから望む1000万ドルの夜景も必見!

ホットケーキはちみつレモンソース ドリンクセット1050円 (税込)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、六甲ガーデンテラスやTENRAN CAFEなどは休業しています。訪問は控えてください

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る