今年はおうちでバレンタイン!日本初上陸チョコレートもみんなで楽しめるちょっぴり贅沢なスイーツ特集

2021年1月11日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

年が明け、バレンタインまで約1カ月。コロナ禍で迎える初めてのバレンタインを前に、リンベルでは「おうちバレンタイン」のテーマのもと「バレンタイン特集2021」を展開中だ。ヨーロッパにしか店舗を持たない日本未上陸のチョコレートや人気ブランドのスイーツなど、さまざまなバレンタイン商品がラインナップしている。

【写真】日本未上陸チョコレートもずらり!バレンタイン特集2021


「ザッハトルテ」は、ウィーンの菓子店・デメルによるもの。口に入れるとコーティングされたチョコレートの部分が口当たりよくとろけ、スポンジ部分のチョコレートの濃厚さが口いっぱいに広がる贅沢な一品。ほのかな苦みもあるので、甘いものが苦手な人にもおすすめだ。

デメル「ザッハトルテ 12センチ」(3240円)


華やかな見た目がインパクト抜群なイリナの「ロールケーキタワーセット」は、自分で組み立てることができるので、色や柄の配置を考えるのも楽しそうだ。お好みでフルーツやクリームをトッピングしてデコレーションするのもおすすめ。

イリナ「ロールケーキタワーセット」(5400円)


さらに、リンベルが直接買い付けたヨーロッパの老舗によるチョコレートも見逃せない。スイスで100年以上の歴史を持つ最高級チョコレートブランド、デュ・ローヌの「モカグラッセ」は、創業当時から守られているレシピをベースに限られた職人のみが作ることを許されている特別なチョコレート。ケネディ元大統領を始めとする著名人にも愛された歴史のある一品だ。

デュ・ローヌ「モカグラッセ」(1620円/4個入り、税抜3240円/9個入り)


北フランス・リールで1761年に創業したパティスリー、メールによる「プラリネ6個(ダーク&ミルク)」は、優しい甘さのミルク、深いコクのあるダークと、どちらも口どけの良い上品なチョコレートだ。かわいらしいパッケージも見逃せない。

メール「プラリネ6個(ダーク&ミルク)」(3240円)


コロナ禍で初めて迎えるバレンタイン。大切な人に向けてはもちろん、忙しない毎日を頑張る自分へのご褒美として、ちょっぴり贅沢なスイーツを楽しもう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る