実食レポで“インテリ感”があふれ出す!岩永徹也がおすすめのいちごスイーツを紹介

2021年3月6日 20:35更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
いちごスイーツを実食「岩永徹也のStrawberry Knight」

2月20日、『仮面ライダーエグゼイド』に檀黎斗役で出演していた俳優の岩永徹也が、動画サービス「niconico」の新番組『岩永徹也のいちご王国』に出演。いちごスイーツの魅力に迫る実食レポコーナー「岩永徹也のStrawberry Knight」で、“おすすめのいちごスイーツ”を紹介した。

“イケメンインテリ俳優”岩永徹也がおすすめのいちごスイーツを紹介


高IQ団体・JAPAN MENSA会員で「IQ王子」と呼ばれる“イケメンインテリ俳優”の岩永は今回、これまであまり見せてこなかった“かわいらしい一面”を同放送で披露。

冒頭で「今日は朝に食パン2枚、昼に食パン2枚、合計4枚食べてきました」と話した岩永は、腹ペコ状態で収録に挑戦。東京・築地の和菓子店「築地そらつき」がプロデュースするいちごスイーツ専門店「ストロベリーマニア」から3品を試食してレポートした。

普段は「生クリームといちごを挟んだサンドイッチが好き」とのこと


まずは、イタリア・ローマの伝統菓子「マリトッツォ」をストロベリーマニア風にアレンジした「いちごのマリトッツォ」(480円)から。

日本でもブームの兆しが見えるイタリア・ローマの伝統菓子「マリトッツォ」


早速、岩永は「あ!おいしいやつだ」と、満足げな笑み。「歯応えがしっかりした生地。弾力があります。これは『マリトッツォ』というらしい。クリームは、質量があるけど体積が多くない感じかな?」と、岩永らしさあふれるコメントを繰り出し、視聴者からは「ロジカル食レポ」「食…レポ…?」と突っ込まれていた。

続いて、いちご型に仕上げたピンク色の「いちごのムース」(620円)を紹介。岩永は、「チョコレートコーティングの中にいちごのムースが入っています。テクスチャーの違いですね。とろける部分とパリパリの部分があって。真ん中にはいちごのソースが入っていて、3層を一緒に食べる感じがおもしろい」とニッコリ。「ビジュアルが素敵。(フォークを入れると)いちごを解剖している気分になる」と、ここでもユニークなコメントを残した。

【写真】岩永徹也が“本日のおすすめ”として選んだいちごスイーツは「ストロベリーマニア」の「いちごのムース」


そして最後は、新発売されたばかりの「いちごのミルクレープ」(750円)を実食。11層の自家製クレープ生地を見て「繊細な断面!」と感動した様子を見せつつ、「あ~、さっぱりしている。カスタードクリームが効いています!ミルクの味がするクリーム。う~ん、これは何個でも食べられるやつですね」と絶賛していた。

岩永絶賛の「いちごのミルクレープ」


ちなみに、同コーナーでは、岩永が毎月2〜3個のいちごスイーツを食べ比べ、“今月のNo.1”を決めることになっているが、今回のNo.1スイーツは「いちごのムース」に決定!「ビジュアルの斬新さと楽しめる感じ(がNo.1の理由)。本日のおすすめスイーツは、解剖もできる『いちごのムース』になりました!」と発表し、「よい番組ですね~。毎月食べられるんですって」と、キュートに微笑んだ。

さらに、地元・長崎の方言の話や宇宙に関する豆知識、離散数学の話や“即興お絵かき”なども披露した岩永。視聴者からは、「幸せそうな顔を見ているだけで幸せ」「癒やされる」といったコメントが寄せられたほか、着用した衣装について「ピンクが似合う!」「王冠かわいい」といった声も多数上がっていた。 

なお、岩永が「素顔」を届ける月1回の生放送番組『岩永徹也のいちご王国』(ニコニコチャンネル)は、次回3月20日(土)21時~22時00分を予定。いちごスイーツの魅力に迫る「岩永徹也のStrawberry Knight」(ウォーカープラス)では、その内容の一部を紹介していく。

取材・文/平井 あゆみ

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る