NMB48白間美瑠×原かれん「同期をライバル視するのもあり!お互い刺激しあえる仲間に」

2021年6月17日 22:35更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
『みるみる道場』今回は、NMB48原かれん(左)×白間美瑠(右)(C)NMB48

NMB48からの卒業を発表した白間美瑠が、メンバーとの対談に挑むリレー連載『みるみる道場』。メンバーからのお悩み&質問に、誰よりも熱い難波愛&難波魂を持つ白間が“気合”と“根性”をキーワードに答えていく。6月16日(水)リリースの25thシングル『シダレヤナギ』の発売まで、カウントダウンしながら盛り上げる。

【写真】NMB48白間美瑠が原かれんの悩みに答える『みるみる道場』(C)NMB48


『みるみる道場』NMB48白間美瑠×原かれん

今回は、6期生の原かれん(はら かれん)が登場。

「ずっと練習されてるから『自分がなまけたらあかんな』って」(原)(C)NMB48


「ずっと『ピロピロ』言ってる不思議ちゃん。ギャップがすごい」(白間)

【白間美瑠】6期生が入ってくるときに、めっちゃスタイルがいい子がいるって噂になってて。実際に会ったら断トツ、スタイルがよくて「負けた!」って思った。

【原かれん】ホンマですか⁉初めて聞きました。うれしいです!美瑠さんは、高校生のときからInstagramを見ていて「かわいいな、会ってみたいな」と思っていたんですけど、実際会ってみたらそのままで!「無加工や」って思いました。

【白間美瑠】あはは(笑)。怖くなかった?

「めっちゃスタイルがいい子がいるって噂になってた」(白間)(C)NMB48

【原かれん】最初はやっぱり先輩だから緊張していましたけど、怖くはなかったです。でも、ずっと練習されてるから「自分がなまけたらあかんな」って。すごくストイックなのに、普段はお茶目なところもたくさんあって。私もそんな先輩になりたいなと思っています。

【白間美瑠】かれんたんは努力家やな。SNSやSHOWROOMを続ける努力ができる子。多分、後輩のなかで一番話しかけてくれる子やと思う。私も反応がかわいいから、いたずらしちゃう。しかも、不思議ちゃんやし。モデルさんみたいな見た目なのに、ずっと「ピロピロ」言ってる(笑)。そのギャップがいいなと思う。NMB48には珍しいキャラやな。

「そのギャップを大事にがんばってな」(白間)(C)NMB48

【原かれん】美瑠さんもすごくギャップがありますよね。普段はすごくフレンドリーなのに、パフォーマンスのときにガラッと変わる。研究生だったときに、美瑠さんのいたチームMにまたぎ出演したことがあったんですけど、そのときのキラキラ感が本当にすごくて。センターになる人ってこういう人なんやなって思いました。

原かれんのお悩み「パフォーマンス力をあげるには?」

「モデルさんみたいな見た目なのに、ずっと『ピロピロ』言ってる(笑)」(C)NMB48

【原かれん】聞きたいこと、いっぱいあるんです!まずは、パフォーマンス力を上げるにはどうしたらいいですか?

【白間美瑠】ダンスの踊り方もやけど、表情にも気をつける。大きく踊れてるとは思うから、あとは表情練習やな。髪の毛の使い方を意識するのもいいかも。スタイルがいいから、立ってるだけでも目立つやん。そこは強みやで。

【原かれん】スタイルのこと、よく言われるんですけど、自分ではうまく使えてなくて…。

「センターになる人ってこういう人なんやなって思いました」(原)(C)NMB48

【白間美瑠】難しいよな。スタイルがいい子、身長が高い子って腰を落とすだけでも私たちが下げるよりも下げなくちゃいけないし。メンバーでもいいし、他のアーティストさんでもいいから、踊り方が好きな人を見つけてみたら?好きな踊り方を見続けるのも勉強になると思う。

【原かれん】いろいろ見て勉強してみます。あと、私もいつかは選抜でフロントに立ちたいし、センターになりたいなと思ってるんです。今はまだ自信がないから生誕祭とかでも言えてないんですけど。フロントやセンターに立つために必要なものはなんだと思いますか?

【白間美瑠】練習をし続けること。今やっていることで無駄なことはないと思うから、続けることじゃないかなぁ。

「好きな踊り方を見続けるのも勉強になると思う」(白間)(C)NMB48

【原かれん】同期と比べて成長が遅いから不安になるんです。

【白間美瑠】私もそうやったよ。コツコツやってた。かれんたんは「ピロピロ」っていう面白い武器もあるし、続ける努力もできる子やん。あとは、自信かなぁ。控えめなのが出てるよな。

【原かれん】練習すればするほど自信がなくなってきちゃうんです。公演で「よし!」って手ごたえを感じるときもあるんですけど、他のメンバーを見て落ち込むときもあって。

【白間美瑠】そこは落ち込むんじゃなくて、負けない!っていう気持ちにならないと。同期でライバルはいる?

「練習すればするほど自信がなくなってきちゃうんです」(原)(C)NMB48

【原かれん】同期や世代が近い先輩方には負けたくないなって思ってはいるんですけど、気にしていることが自分で嫌になっちゃうときもあって。向こうはライバルなんて思ってないかもしれないのに、自分だけ思っているのは心が汚れている気がしちゃうんです。

【白間美瑠】優しすぎる!そんなこと思わなくていいのに。

【原かれん】考えすぎちゃうからこそ悩んじゃうんですよね。楽しく平和にいきたいって思っちゃう(笑)。

【白間美瑠】そこは、かれんたんの良さでもあると思うけど、逃げやで。仲良くしつつも、ライバル視するのは全然アリ。むしろ、お互いに刺激しあってレベルをあげていくのはいいことじゃない?

「仲良くしながら、ライバル視するのは全然アリ」(C)NMB48

【原かれん】前も同じような相談をしたときに「ライバルがいるから頑張れるし、そういう存在を作ることが大事」って言ってくださいましたよね。そこから少し意識を変えるようにしているんですけど、なかなか難しくて…。

【白間美瑠】その優しさも、かれんたんの良さやから消さないでほしいけどな。うまくバランス取れるようになれるといいな。

「先輩としての素敵さを学びました」(原)「まじめになりすぎず、ゆるく楽しんでな」(白間)

「一緒のチームで活動したかったから、すごく悔しい」(原)(C)NMB48

【原かれん】なんで卒業しちゃうんですか?一緒のチームで活動したかったから、すごく悔しくて…。選抜のMV撮影のとき、美瑠さんが話しかけてくださって、すごくリラックスできたし、改めて選抜に入れたんだって実感できてうれしかったです。

「考えすぎちゃうからこそ悩んじゃうんですよね」(原)(C)NMB48

先輩としての素敵さも、こういうアイドルになりたいという部分もたくさん学ばせてもらったので、私もそれを後輩に伝えられるような存在になります。あと、コロナ禍が落ち着いたらご飯にいきたいです!

【白間美瑠】かれんたんの20歳のお祝いも兼ねて行こうな。かれんたんは、まじめすぎるから少しゆるく楽しんでな。目の奥が笑ってないと思うときもあって、なんか考えすぎてるなって感じたこともあるから。

【原かれん】周りにどう思われてるのかなというのを、すごく気にしちゃうんですよね。

【白間美瑠】かわいいから大丈夫!グラビアではめちゃくちゃ色っぽいし、女の子が憧れる要素もたくさんあるから。喋ると「ピロピロ」なところもな(笑)。そのギャップを大事にがんばってな。

白間美瑠(MIRU SHIROMA)、ニックネーム:みるるん、1期生、生年月日:1997年10月14日、B型、大阪府出身(C)NMB48

原 かれん(KAREN HARA)、ニックネーム:かれんたん、6期生、生年月日:2001年3月15日、大阪府出身(C)NMB48

6月16日(水)発売のNMB48 25thシングル「シダレヤナギ」アーティスト写真(C)NMB48

通常盤Type-A(C)NMB48

通常盤Type-B(C)NMB48

通常盤Type-C(C)NMB48

劇場盤 白間美瑠のソロ曲「いつもの椅子」が収録される(C)NMB48

取材・文=yoshimi 構成・取材協力=野木原晃一

この記事の画像一覧(全19枚)

キーワード

ページ上部へ戻る