NMB48・梅山恋和が“次世代”について語る。塩月希依音は「食べちゃいたいくらいかわいい」

2021年7月20日 17:18更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪・難波を拠点として活動するアイドルグループ、NMB48の次世代エースとして活躍の場を広げている梅山恋和(ココナ)。6月28日には5期生のお披露目から5周年を迎え、今ではグループの中心メンバーとして奮闘中だ。

今回は、同じく“次世代エース”と言われるドラフト3期生・塩月希依音(けいと)との関係や、開催延期となっていた大阪城ホールでのコンサートについて聞いた。また、7月20日に発売された「関西ウォーカー 2021年8月号」の「ココナWalker」では、奈良で大好きなかき氷を満喫。思わずこぼれる笑みがまぶしいショットにも注目!


「これからも、NMB48のよさが変わらないように」

――開催延期となっていた大阪城ホールでのコンサート、2日間3公演の日程が発表になりましたね。改めて意気込みを聞かせてください。

「日程が決まって本当によかった。うれしいです。わたしは8月14日(土)・15日(日)の3公演すべてに出るので、大変だけどやりがいを感じています。次世代コンサートでも、去年より成長したわたしたちを見てほしいです!5期生って、もう次世代ではないかもしれませんが(笑)」


――同期のあーやん(山本彩加)が卒業して、初の次世代コンサートですね。

「最近、あーやんがいなくなったことをやっと実感してきました。全体で集まった時や、歌番組とかの選抜仕事で、『あ、いないんや』って思います」

――8月15日は、“最後の1期生”でもある白間美瑠さんの卒業コンサートですね。改めて気持ちを聞かせてください。

「みるさんと大きいコンサートに出るのがたぶん最後なのですが、安心して卒業してほしいと思っています。最近もたくさんアドバイスをもらいましたし、わたしのことをめっちゃ見てくれていて、『期待してくれているんだな』と思いました。1期生がいなくなるのは、実感がありません。ガラッと雰囲気が変わるかもしれませんが、NMB48のよさが変わらないようにしていきたいと思います」


「けいとは赤ちゃんみたい。胸がギュッとなる」

――雑誌の撮影で、けいとちゃんと一緒だったのを拝見しました。普段の2人はどんな関係ですか?

「最近、2人での撮影が多くてうれしいです。けいとを見ているとニヤニヤしちゃいます。赤ちゃんみたいにかわいくて、胸がギュッとなるんです。食べちゃいたい!学校の話とか、『最近どう?』って聞いたりしています。『ココナさーん』って来てくれることもあるし、自分からも話しに行きますよ」


――初めてのソロセンターを務める『落とし穴』がNMB48のオリジナル音楽番組「MY PLAYLIST 7」で初披露されましたね。

「手の振りがかわいくて、今までにない曲でめっちゃうれしいです。全体曲なんですけど、初披露は次世代メンバー9人でだったので、このメンバーで次世代コンで歌ったりすると思います」


後輩を溺愛する一面も見せてくれたココナちゃんは、すっかりお姉さんの顔に。次世代メンバーと共に盛り上げる、これからのNMB48に期待が高まる!かき氷を楽しむキュートな姿は、発売中の「関西ウォーカー 2021年8月号」をチェック。


取材・文=上田芽依(エフィール)
撮影=大西二士男
撮影協力=ほうせき箱/間借SOUSUKE、氷室神社

この記事の画像一覧(全32枚)

キーワード

ページ上部へ戻る