【NMB48 衣装図鑑】『ヴァージニティー』山本彩着用/『妄想ガールフレンド』渡辺美優紀着用の衣装を徹底解説!生地に潜むグループ愛としっぽの着脱方法に注目

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

大阪・なんばを拠点に活動する「NMB48」。かわいいだけでなくお笑いもこなす親しみやすいアイドルグループとして、2023年には結成13年目を迎え、メンバーたちはバラエティタレントにモデル、グラビアアイドルなど、あらゆるジャンルの前線で活躍している。

そんなメンバーの個性を彩ってきたのが、オリジナルの衣装たち。この記事では、その多種多様な形や色、制作の裏話をご紹介!NMB48の衣装デザインからスタイリングまでを担当する松永麻里さんにたっぷりとこだわりを語ってもらう。

月替わりで登場する案内人は、TikTokで「NMB48衣装図鑑」と称して衣装の細部や着脱方法を紹介しているれいこちゃん(前田令子)、将来は“自分のブランドを持つ”という夢を持ち、メンバーの衣装作りも経験したことがあるかれんたん(原かれん)の2人。一体どんな制作エピソードが飛び出すのか?連載第1回と2回は、れいこちゃんが担当する。

メンバーでありながら、長年のNMB48ファンでもあるれいこちゃんが衣装を徹底紹介!※写真の衣装は『好きだ虫』のもの


初の色分けでメンバーの個性を生かした『ヴァージニティー』

まずは、松永さんによる衣装紹介!記念すべき第1回で紹介するのは、さや姉(山本彩)がセンターを務めた5thシングル『ヴァージニティー』のMVで着用された衣装。B面に収録された『妄想ガールフレンド』と共に、松永さんが初めて本格的にNMB48のMV衣装を担当したものでもある。

山本彩着用の『ヴァージニティー』衣装は、タイトルと彼女の儚げで繊細なイメージを反映した紫色


当時は曲調もタイトルもわからないなかで衣装の制作が始まり、約5日間で完成させたそう。「最初は『こんな風景でMVを撮ります。衣装は制服ベース』という企画書だけが回ってきました。AKBグループにとって、“制服で踊る”というのは外せない要素ですね。途中で曲ができて衣装に要素を落とし込んでいったのですが、撮影日がギリギリに迫った時、曲名を聞いてびっくりしました(笑)。思っていた以上にセクシーで激しく、でもそのなかに乙女っぽさやかわいらしさがあって…。カフスはあえて片手だけ装着にしました。武士のように右手に刀を持った乙女が、左手で純潔を守り抜くようなイメージです。当時、カフスは両方に着けるのが主流だったので変じゃないかと不安だったんですが、上手くはまってくれました。メンバーは当日にダンスを覚えて、そのままMVを撮るからすごいですね」と松永さんは話す。

この衣装の1番のポイントは、オリジナルの生地。よ〜く見るとわかるのだが、「NMB」の文字が模様の中に並んでいるのだ。「生地屋さんと何度も打ち合わせをして、文字をさりげなく忍ばせられるラメジャガード生地を選びました。これ以降も、NMBの衣装はよく見たら豹柄だったりと、NMBらしい遊び心のある衣装を作らせていただいてます」

「NMB」の文字が潜んでいる生地。「あかりちゃん(吉田朱里)はすぐ見つけたんですよ!」というから驚き。(取材時、スタッフは見つけるのにかなり時間がかかった…)

カフスは左手にだけ着けるのがポイント。“右手はすでに取られてしまった”という設定だそう


早着替えにも対応できるよう、脱着のしやすさも重要なポイント。トップスはボタンではなくファスナーが使われ、飾りもスナップで外しやすくなっている。

ファスナーやスナップで早着替えがしやすいようになっているのは全衣装で共通


ネコ耳と大きなしっぽがインパクト大!『妄想ガールフレンド』

『ヴァージニティー』のB面として発表された『妄想ガールフレンド』は選抜メンバーが同じながら、まったく印象が異なる楽曲。センターポジションを務めるみるきー(渡辺美優紀)をはじめ、全員が白ネコに扮したMVが印象的だ。

渡辺美優紀扮する「ワルニャン」の衣装


『眠眠打破』のCMにも起用された同曲。「ニャンニャンニャハ!」と叫ぶメンバーは全員が「○○ニャン」と名付けられ、それぞれを表現した格好をしている。みるきーは「ワルニャン」として、胸元のレースアップや肩口のチュール生地、リボンに小悪魔感のある黒が取り入れられているのが特徴。「この後、みるきーのソロ曲である『わるきー』に派生したりと、いろんなことが始まるきっかけとなった衣装です」と松永さん。ハートのフロッキー加工が印象的なチュール素材は、みるきーが自身の卒業コンサートのオープニングで『わるきー』を歌った時の衣装にも、色違いの生地が使用されたという。

スカートにはワイヤーが入っていて、なびいているような形をキープ


2011年1月1日の「誰かのために」公演で本格的な活動を開始したNMB48。松永さんは当時、衣装サポートとして参加していたという。「2010年末から、ホテル暮らしをしながら10日で準備をしました。マネージャーさんも2人しかいなかったので、わたしが点呼もしたり。AKB48の衣装担当で、当時NMBの衣装を制作してくださっていたオサレカンパニーの茅野しのぶさんに、衣装や現場について本当にいろいろと教えていただきました。『ヴァージニティー』と『妄想ガールフレンド』の衣装を作った時にしのぶさんが褒めてくださり、『これからNMBの衣装は任せるから』と言ってくださって…。この2着にはすごくすごく思い入れがあります」。そこから10年間、NMB48の衣装を作り続けている。

「『妄想ガールフレンド』のMV撮影で北海道に行ったのも思い出です」と話す松永さん※写真の衣装は『好きだ虫』のもの


ここからは、そんな松永さんに、『ヴァージニティー』の衣装を初めて生で見られて大喜びのれいこちゃんによる質問タイム。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全28枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る