【NMB48 衣装図鑑】『好きだ虫』川上千尋&前田令子着用の衣装を徹底解説!初センター・ちっひーの衣装はすべてが特別仕様…その違いとは?

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

大阪・なんばを拠点に活動する「NMB48」。かわいいだけでなくお笑いもこなす親しみやすいアイドルグループとして、2023年には結成13年目を迎え、メンバーたちはバラエティタレントにモデル、グラビアアイドルなど、あらゆるジャンルの前線で活躍している。

そんなメンバーの個性を彩ってきたのが、オリジナルの衣装たち。この記事では、その多種多様な形や色、制作の裏話をご紹介!NMB48の衣装デザインからスタイリングまでを担当する松永麻里さんにたっぷりとこだわりを語ってもらう。

月替わりで登場する案内人は、TikTokで「NMB48衣装図鑑」と称して衣装の細部や着脱方法を紹介しているれいこちゃん(前田令子)、将来は“自分のブランドを持つ”という夢を持ち、メンバーの衣装作りも経験したことがあるかれんたん(原かれん)の2人。一体どんな製作エピソードが飛び出すのか?第2回も引き続き、れいこちゃんが案内人を担当する。

『好きだ虫』で初選抜となったれいこちゃんが、衣装の魅力に迫る!


「ちっひーのセンターを絶対に華やかにしたい」

まずは、松永さんによる衣装紹介!今回話を聞くのは、れいこちゃんの初選抜曲でもあり、ちっひー(川上千尋)がセンターを務める27thシングル『好きだ虫』のMVで着用された衣装。なかでもちっひーが着ているのは、「NAMBATTLE ~愛~」のファン投票で1位になりセンターに選ばれた彼女のために作られた、オンリーワンの1着だ。

「今回、たくさんのファンのみなさんが投票してくださって選ばれたちっひーの初センターだから、『絶対に華やかにしてあげたい』って強く思いました。ちっひーは、NMBに入って10年、同期がなぎちゃん(渋谷凪咲)と2人だけになって。なぎちゃんはテレビで華やかに活躍する一方で、コツコツがんばってきたちっひーがファンのみなさんからセンターに選ばれたことが、すっごくうれしかったんです。14歳からの10年間、本当によくがんばって続けてきた姿をずっと見てきたので…。みるちゃん(白間美瑠)は黄金のイエローゴールド×黒で、みるちゃんらしくなんばの“女王感”満載(笑)で卒業していきましたが、ならばちっひーは上品で優しいシャンパンゴールド×白の“女神”だろうと。本人も煌びやかな衣装が好きということで思いっきり豪華にしたのですが、ハッキリした顔立ちでかわいいので、いくら衣装を盛っても負けないんですよね(笑)。ファンの方にもお礼の気持ちを伝えたいと思って作らせていただいた衣装です」と松永さんは話す。

“女神感”を意識したというセンター・川上千尋着用の衣装は、すべてが特別仕様。ゴールドのジャガード生地はこの衣装のみに使われている

燕尾のようなレースが印象的なバックスタイルにも装飾がてんこ盛り。撮影中、トルソーよりちっひーのほうが細く、上手く着せられないまさかの事件も…


選抜メンバーがすべてファンの投票によって決定した『好きだ虫』では、ちっひー以外のメンバーの衣装はトップス2型、ボトムス4型が組み合わせられ、順位によってその豪華さは異なる。「ちっひーの衣装はブレード(縁の装飾)が2重になっていたり、とにかく特別仕様です。ベルトの装飾もモチーフやビジューを多めにして、また、普段は見えなくても踊った時だけふわっと見えるような位置にもブレードを装飾して“細かいところまでかわいく!”にこだわって作らせていただきました。上位5位まではラインストーンや装飾を多くしています」

「これまでがんばってきたちっひーのために」と、ストーンやブレードでとにかく豪華に仕上げた一着

大量のラインストーンはすべて手作業で付けているそう

普段は見えない細部まで装飾が施されている


髪飾りには、順位の数字がモチーフとして入れられている。「ちっひーの髪飾りはティアラのほか、本人の『ポニーテールにもしたい』という希望に合わせてリボンも作りました」

川上千尋の髪飾り。バレッタには1位の「1」の数字が輝いている。これにはスタッフも「すごい…細かい…」と言葉を漏らす

川上千尋のアクセサリーセット。指輪が滑り落ちてしまうほど指が細いため、ちっひーサイズに調整されている


ゴージャスなMVの撮影は、熱海にある廃墟で行われたという。「ダンスシーンの映像を撮ったのはダンスホールだったため、床が滑りやすく、急遽滑り止めを靴裏に貼ったりなどいろいろ対策して撮影しました」


『ヴァージニティー』のMV以降、NMBの衣装を担当している松永さん。初めてNMBの全体衣装をデザインしたのは、AKB48のライブだったそう。

「2012年にさいたまスーパーアリーナで開催されたAKBさんのコンサートにNMBが出演し、『青春のラップタイム』を披露した時です。オサレカンパニーの茅野しのぶさんに各地方それぞれのカラーを出すようご指導いただいて、『大阪レインボー』という衣装をデザインさせていただきました。レインボーカラーと豹柄を生地にプリントし、チュールも7色を使用。さらに大阪城や通天閣、グリコ、タイガー、たこ焼きなどをプリントして、“ザ・大阪”をぎっしり詰め込みました。メンバーも衣装を喜んでおもしろがってくれて、自分のネクタイにプリントされたたこ焼きを食べようとしてるポーズで自撮りしたり…(笑)。そんなメンバーの反応を見て、NMBメンバーならではのNMBらしい衣装をこれからも作らせてもらいたいと強く思いました。NMBはフレンドリーで身近に感じるアイドルとして、雑誌の『Zipper』や『KERA』のような、遊び心があるちょっと奇抜な衣装を作ったことが始まりでした」と振り返る。


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全24枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る