球場で「毎回見かける人」いませんか?声が大きく応援歌が完璧&ホーム戦は全通!選手と共に闘うプロ野球を愛する“熱い人”の特徴とは【作者に聞く】 

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

春から始まった2023年のプロ野球。日本シリーズは関西ダービーが話題となり、第7戦までもつれる死闘のすえ、阪神タイガースが38年ぶりの日本一に輝いた。

今季から「声出し応援」が解禁され、4年ぶりにスタンドから声を届けることができるようになった。外野席から応援歌に思いを乗せる人、スタンドで球団グッズを身にまとっている人、一球速報に手に汗を握っている人…球場でも自宅でも、プロ野球ファンの応援スタイルは実にさまざまである。

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」人物紹介漫画=さとうもぐも

ウォーカープラスでは、そんな愛すべき姿を「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」と題し、大のプロ野球ファンである著者・さとうもぐも( @mogumo_sports )さんを迎え、著者の実体験とファンの人の声を聞いて作り上げた“プロ野球ファンあるある”を、さまざまな角度からお届けする。

今回は、球場によくいる“熱い人”についてのエピソード。その熱狂っぷりは、野球観戦の醍醐味でもあり、選手を鼓舞しパワーを与える存在だ。あなたもどこかで出会ったことがあるのでは?

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」四回戦(1/3)漫画=さとうもぐも

著者が考える、球場によくいる熱い人“あるある”の一例


あるある(1) ――熱すぎるゆえに声が大きい。選手別の応援歌、球団歌が完璧に歌える。

あるある(2) ――ユニフォームにワッペンや刺しゅうをし、オリジナリティに溢れている。

あるある(3) ――あまりの熱狂っぷりに周囲の人に少し怖がられている。

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」四回戦(2/3)漫画=さとうもぐも

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」四回戦(3/3)漫画=さとうもぐも

あるある(4) ――ホームゲームはほぼ全通。目をつむっても球場に通えるほどに通い慣れていて、球場が家と化している。

あるある(5) ――とにかく真剣に応援をしている。選手と一緒に闘っている気持ちに近い。

あるある(6) ――話したことがない顔なじみが球場にいる。

著者は「外野席から聞こえる熱い声援には、いつも感動しています。球団によってカラーがあるのもおもしろいですよね。私も観戦の翌日に喉が枯れていることがあります(笑)」と照れくさそうに話す。


24時間すべてが“野球”で染まった毎日を過ごすプロ野球ファン。どの球団を応援していても、プロ野球を愛する気持ちは同じなはず。今後も純度100%のプロ野球愛に乞うご期待。

この記事の画像一覧(全16枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る