【ホココス2017】トレンドはアニマル擬人化・メイド系!?「ホココス2017 ver.秋」に美女コスプレイヤーたちが大集結!!

2017年10月9日 13:09更新

東海ウォーカー 淺野倫孝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2017年10月8日(日)、名古屋市中区の大津通周辺で「ホココス2017 Ver.秋 ~南大津通歩行者天国COSPLAY~」が開催された。このイベントは、名古屋・栄の大津通りを名古屋三越 栄店前から若宮大通まで閉鎖して楽しむ歩行者天国の一環として行われ、コスプレイベント「ホココス」として開催されるのは、今年の春に続いて2回目。

オオカミの衣装に身を包んだかれしちゃんさん
(C) KADOKAWA / photo by 南章佑(APOLLO STUDIO)

全ての画像を見る(20件)

会場には、多くのコスプレイヤーが登場!もはや大人気テーマと言っても過言ではない「ラブライブ!」「Fate/Grand Order(FGO)」のキャラクターに扮するコスプレイヤーのほか、今年の2月に発売されたPlayStation 4専用RPG「ニーア オートマタ」のコスプレも人気のように見えた。また今回のイベントでは、メイド系衣装やオリジナリティあふれる擬人化衣装に包んだコスプレイヤーも多く見られ、アニメやゲームの枠を越えたコスプレイヤーが多かったのも特徴だ。会場では、同じ作品・テーマで集まって撮影を楽しむ「ギャザリング」が開催され、自慢の衣装の披露や撮影会をして思い思いに楽しんでいた。

コスプレイヤーにとって大注目イベントとなった「ホココス2017 Ver.秋」。今月はさらに、愛知県刈谷市で開催の「刈谷アニメcollection2017 」や、「イオンモール名古屋みなと」がコスプレイヤーに開放される「コスモール2017ハロウィン in イオンモール名古屋みなと」など見逃せないイベントが控えている。東海エリアの“コスプレ熱”は、より一層の盛り上がり見せそうだ。【東海ウォーカー/淺野倫孝】

この記事の画像一覧(全20枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る