ホームパーティで役立つ! 「気が効くね」って思われる、おつまみ&惣菜など神奈川の手みやげ3選

2017年12月18日 22:00更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

気の合う仲間とホームパーティをする時こそ、何を持って行けばいいのか困るもの。気が効くもので、話のネタになるものがいい…そんな希望を叶えてくれる手みやげ候補が、神奈川にはたくさん。知る人ぞ知る品ばかりだから、ほかの人とかぶる心配もナシ!

【関内】思わず白米が食べたくなる、ラーメン店の塊肉チャーシュー


肉汁が滴るようなジューシーなチャーシュー。箱入り真空パックでの取り寄せもできる(C)KADOKAWA


関内のラーメン店「唐桃軒」(とうとうけん)はラーメン店だが、持ち帰りの自家製チャーシュー(箱入り1本3,000円〜/100g540円〜)が名物だ。店では厨房の前にチャーシューの塊が並び、それだけを求めて訪れる客も少なくない。良質な国産豚肩ロースを使ったチャーシューは、1本丸々の状態でも購入できるが、100g〜の少量の購入もできる。程よく弾力があり、脂も程よく付いているためボリュームがある。肉の旨味たっぷりで、ラーメンや白米はもちろん、濃いめの醤油ベースの味付けがアルコールも進む味わいだ。出てきた時のインパクトがまた、特別な日にぴったり。まさに、パーティで切り分けて食べるには最適なメイン料理となりそう。

【鹿島田】ワインさえ買えば準備OK! フレンチ惣菜セット


惣菜セットの内容は、(左から)生ハム、パテ、テリーヌ、リエット。これにサラダが付く。1日10食限定なのでお早めに!


オーガニックサラダは、自家製のドレッシング付き!(C)KADOKAWA


2017年7月オープンの新店で、バゲットサンドの専門店「Les encas(レザンキャ)」。こちらは同じく鹿島田にある「ビストロボングー」がプロデュースしたテイクアウト店だ。シェフがフランスで見つけた食材を本場から仕入れ、本店のビストロで作った惣菜やバゲットサンドを販売する。まずは地元の人たちになじみのある店になりたい、と、路地にひっそりとオープンした。そこでオススメなのは、フレンチ惣菜セット(1,500円、10食限定)季節のテリーヌ、リエット、パテ、生ハム、オーガニックサラダが一つになったセットは、「あとはワインを用意すればいいだけ」にしてあるという気が効くセット。地元で人気のビストロの手作りなので、味はもちろん本格的だ。看板商品の「バゲットサンド」(480円〜)は1本丸々でもいいが、カットして出すのもよさそうだ。中身は、鶏ももコンフィなど、本店の自家製。フランスで流行中のクロワッサン生地の「ワッフル・クロッフル」(380円)はフランスから取り寄せ、店で焼き上げている。その場が一気におしゃれになりそうだ。

【葉山】名店の味をお持ち帰り! 鯖寿司・かんぴょう巻き


鯖寿司は昆布の旨味とサバの脂がマッチ。酢飯もちょうどいい酸味でしっとり味わえる(C)KADOKAWA


サビ入りが珍しいかんぴょう巻き。ツンとしないフレッシュなワサビがアクセントになり、甘煮のかんぴょうの味わいを際立たせる(C)KADOKAWA


都内や神奈川でおなじみの百貨店に30年以上卸した実績を持つ、葉山「鮨処 大繁(だいしげ)」。某グルメ漫画でも取り上げられ、著名人もひいきにする名店だが、金曜・土曜・日曜の17:00〜営業のため、ありつくには少々ハードルが高い。そこで、テイクアウトの押し寿司やかんぴょう巻きならば、同じ葉山の「SHOPPING PLAZA HAYAMA STATION」内「スズキヤ MINIショップ」にて購入ができるのでオススメだ。早朝から大将自ら仕込む鯖寿司(6切れ1,296円)は、青森産などのサバを使用。昆布締めで優しい酢の味わいと、脂ののった分厚い身でふっくらしたサバが特徴。大将のイチオシは、今大ヒット中だというかんぴょう巻き(12個648円)。珍しいサビ入りのシャリが、甘く煮たかんぴょうに合い、醤油を付けずとも箸が止まらないおいしさ。逗子駅前など「スズキヤ」数店で手に入り、仲間に自慢ができそうなエピソードもまた楽しい。

「気が効く」「話のネタになる」はもちろん、「つまみやすい」「人とかぶらない」。パーティに持っていくものの鉄則を兼ね備えた手みやげ。おいしいだけなら近場でも手に入るが、今回は「わざわざ持っていって食べさせたいもの」を紹介した。確かな味わいと、プレミアム感がたまらない逸品をセレクトしよう。

【取材・文=濱口真由美】

横浜ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る