品数を絞ってヒット!こだわりのハンバーガーとコーヒー、音楽イベントも楽しい「サウス・スウェル・カフェ」

2018年1月24日 20:11更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
音楽イベントにちなんだハンバーガーが誕生中!


おいしいハンバーガーにはいい音楽を。広い店内を利用し、音楽イベントを開催するハンバーガーショップも多い。その中でも、音楽イベントごとに限定バーガーを開発し、人気が出たものはレギュラー化するという試みを行っているお店を紹介!

1階がカフェで2階がサーフショップとなっている


2006年にオープンし、2018年で12年目。元々はサーフショップ併設の飲食店だった大阪・本町の「サウス・スウェル・カフェ」に、現店長の大西基順さんが入社したのが2014年のこと。音楽関係の事務所併設のカフェで働いていたことが縁になり、元同僚に誘われたのがきっかけだ。「僕がスタッフとして入った頃はいろんな食事メニューがあったんですけど、1年目にはハンバーガーとコーヒーの2本柱で行こうと決めて一気にメニューを減らしたんですよ」と大西さんは当時を振り返る。

調理からイベントプロデュースまでなんでもこなす、店長の大西基順さん


バゲットサンドやパンケーキなど、充実のメニュー数を誇っていたかつてのスタイルから、「一番売りたかったもの。あとは直感ですかね」という理由でハンバーガーをセレクト。メニューを減らした当初は、常連さんに困った顔をされたこともあったそうだが、ハンバーガーのレベルアップに努めたことで徐々にお客さんも増えた。

人気ナンバーワンの、サウス・スウェルバーガー(800円)


一番人気は店名を冠した「サウス・スウェルバーガー」(800円)。広い店内のカウンターに座ると、パティが焼ける音や香りがより楽しめる。フォトジェニックなハンバーガーのフラッグも、大西さんの手で一つずつデザインされたオリジナルだ。

バンズとパティの相性もバッチリ


バンズは肥後橋の有名パン店「ブーランジェリー タカギ」に依頼した特製。無添加が特長のパン店が「サウス・スウェル・カフェ」のために焼き上げたバンズは、見た目の美しさもさることながら、噛んだ時の弾力にも驚かされる。

牛&豚の合挽きパティから肉汁が溢れる


大西さんはあえて牛100%にこだわらず、国産牛と国産豚の合挽き、130グラムを使用。「パティはハンバーガーの心臓部」と、冷凍したパティは一切使わず、新鮮な肉の合挽きならではの甘味たっぷりの肉汁が溢れ出す。トマト、グリーンリーフ、オニオンと野菜をふんだんに使用し、チェダーチーズにベーコン、甘目に仕上げたBBQソースで全体をまとめる。

「ランチタイムにはハンバーガーにポテトorサラダとドリンクが付いて1000円とお得!」


担当編集で西日本ハンバーガー協会の薮が実食。「合挽きパティの肉汁がとても優しい味わい。食感も柔らかいので、大人だけでなく小さなお子さんにも安心して食べてもらえそう」。

ラテアートの絵柄はハートやリーフ、スワンやチューリップと様々


大西さんがハンバーガーともう1本の柱として用意したのがコーヒーだ。大阪では北浜や難波の店舗でも絶大な人気を誇る「ブルックリン ロースティング カンパニー」の豆を使用し、ハンバーガーとの相性も抜群。カフェラテを注文すると美しいラテアートが描かれる。スタッフ全員がラテアートを作れるようにしているというこだわりよう。

広々とした店内はサーフ関連のグッズなどおしゃれな空間


大西さんが音楽関係の仕事をしていたことがきっかけで、お店では月に3・4回ほど音楽イベントを開催している。ジャズやDJイベントなど幅広いジャンルで、イベントごとにスペシャルバーガーも開発しているそう。昨年出演した「bonsai.」というバンドのために作ったBONSAI BURGERは、あまりに美味しかったからという理由でレギュラーメニューに!

カウンターからだとハンバーガーを作っている姿が見られるのでおすすめ


2018年は今までやってこなかったジャンルのイベントもやって見たいと言う大西さん。広い店内を使ったアートイベントなどを構想中だ。ハンバーガー、コーヒー、そしてイベントという3本目の柱も加えた「サウス・スウェル・カフェ」の進化に、これからも目が離せない!

世界初のご当地バーガーアイドル・ハンバーガールZが、「サウス・スウェル・カフェ」を訪問!


ハンバーガーから生まれた妖精・ハンバーガールZのベーコン担当のつーみんと、アボカド担当のさくさんが、「サウス・スウェル・カフェ」へ。

「こんバーガー!」


「ラテアートがめっちゃフォトジェ!」


【写真を見る】カウンターは特に絵になるので注目!


「早く食べたい!!!!」


「本格的なバーガーに惚れ惚れします」


「ソファー席もふかふか☆」


「食べさせてあげるー!」


「ソースが甘くて美味しい」


ベーコンつーみん「『サウス・スウェル・カフェ』さんのハンバーガーはバンズから飛び出るぐらい具材が入っていてとてもボリューミー! 使用されているソースがハンバーガーと相性抜群でとても美味しかったです。ゴマのバンズからふわりと漂ってくる香ばしい香りが食欲をそそります。また、ジャズ演奏(通称:Jazz Swell)をされているということで、どこかシックな雰囲気を感じながら味わえるハンバーガーでした。ハンバーガーに刺してある旗は何種類かあるので、何度も通っていろんな旗を見てみたくなります」

「全部食べ切れるかな?」


アボカドさくさん「分厚いパテにベーコンも入っていて、今回ロケ2軒目ということもあったので『お腹にくるかな?』と最初は思いましたが、もりもりのレタスと厚切りのトマトのサッパリ感でぺろりと食べられました! 特製のソースは他のお店では食べたことのない、ヤミツキになる味でとても美味しかったです。バンズはゴマが乗っているタイプで、香ばしい香りも素敵でした」

「サウス・スウェル・カフェ」さん、取材のご協力ありがとうございました!


※ハンバーガールZの画像はまだまだいっぱいあるので、気になる人は「画像一覧」をチェック!

大阪●本町「サウス・スウェル・カフェ」/創業 2006年 /電話06・6535・8852/ 住所 大阪市西区西本町2-1-1/営業時間 9:00〜20:00、土・日曜10:00〜、金・土曜のイベントのない日は〜23:00/定休日 なし/駐車場 なし/ アクセス 地下鉄四ツ橋線本町駅、または中央線阿波座駅から徒歩5分

【SHOP DATE】席数 25席(テーブル18席、カウンター7席)/ハンバーガー パイナップルバーガー¥850など4種 /マンスリーバーガーなし※夏季、冬季やイベント開催時には特製バーガーあり/ トッピング なし/ ドリンク コカコーラ¥400など約30種/たばこ 禁煙

【人気ナンバーワンバーガー】 サウス・スウェルバーガー(¥800)/テイクアウト 可/バンズ 肥後橋「ブーランジェリータカギ」特製。直径約12センチ/パティ 国産牛と国産豚の合挽きパティ。130グラム/野菜 トマト、グリーフリーフ、オニオン/ソース BBQソース/ほか具材 チェダーチーズ、ベーコン

【こちらもチェック】 カフェラテ(¥500)

猫田あん

この記事の画像一覧(全35枚)

キーワード

ページ上部へ戻る