めでたいでんしゃで行く!友ヶ島&加太観光

2018年3月26日 13:04更新

関西ウォーカー 山下敬三

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

 大阪からアクセスすぐの和歌山市にある神秘的な無人島・友ヶ島。豊かな自然と多くの遺跡が残る島内には、冒険心をくすぐる光景が広がり、散策するほどにテンションが上がること間違いなし。今回はそんな友ヶ島の魅力を、島内のおすすめスポットを交えながら解説。さらに友ヶ島に向かう際に利用したいキュートな“めでたいでんしゃ”や、友ヶ島観光と合わせて立ち寄って欲しい、加太のおすすめスポットもご紹介!

感動体験盛りだくさんの無人島「友ヶ島」

紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島は照葉樹林が生い茂り、さまざまな動物が暮らす、まさに自然の宝庫。終戦までは旧陸軍の要塞として利用されていたこともあって、砲台跡や弾薬庫跡が今も残されているなど、ココでしか見られない景色がいっぱい。島内に点在する名所を巡りながら、ノスタルジック&ロマンチックな気分を満喫しよう!

自然あふれる友ヶ島までは、加太港発着の友ヶ島汽船に乗ってGO!

全ての画像を見る(12件)

●友ヶ島おすすめスポット1「友ヶ島灯台」

友ヶ島灯台

1872年に誕生した洋風灯台。100年以上の歴史を持つ灯台だが、なんと現在も稼働中! 内部は通常非公開だが、海上保安業務や、灯台の役割を伝えるために一般公開されることもある。気になる方はスケジュールをチェックしてみよう!

●友ヶ島おすすめスポット2「第3砲台跡」

第3砲台跡

島内に6か所ある砲台跡の中で、もっとも規模が大きく、どこを切り取ってもSNS映え間違いなしなのが第3砲台跡。かつて砲台が置かれていた場所には水が溜まり、レンガ作りの弾薬倉庫には独特の雰囲気が漂う。なお、弾薬倉庫はかなり暗いので懐中電灯があると便利。

●友ヶ島おすすめスポット3「第2砲台跡」

第2砲台跡

レンガ作りの建造物に、長い年月を経て草木が生い茂り、ひときわノスタルジックな雰囲気が漂うフォトスポット。残念ながら中は立ち入り禁止だが、外からの撮影はOKなので、砲台跡と紀淡海峡をバックに撮影に望んでみてはいかが。

●友ヶ島おすすめスポット4「タカノス山展望台」

タカノス山展望台

標高119.9mの位置する展望台で友ヶ島随一の絶景スポット。島内を隅々まで見下ろすことはもちろん、紀淡海峡や大阪湾に目を向ければ、四国や六甲、和泉葛城方面の山々まで見渡せる。屋根付きのベンチもあるので、ゆっくりと過ごせるのもうれしい。

●こちらもおすすめ!

友ヶ島の野生動物

自然豊かな友ヶ島にはシカやリス、クジャクなどさまざまな野生動物たちが暮らしている。運が良ければ、普段は人の目を避けているかわいい動物たちに出会えるかも!?

友ヶ島のある加太に遊びに行く際は「めでたいでんしゃ」で!

友ヶ島への定期船が発着する加太港。最寄り駅である加太駅までは南海電車「めでたいでんしゃ」が運行中。紀ノ川駅と加太駅を結ぶ加太さかな線を走る観光列車で、ピンクの車両は加太を代表する海の幸・鯛をモチーフにしていて、とってもキュート。昨秋よりコンセプトの異なる水色の車両も運行中なので、ぜひ乗り比べてみよう。

加太の鯛をイメージしたピンク色の「めでたいでんしゃ」

加太の海をイメージした水色の「めでたいでんしゃ」

あわせて寄りたい加太の観光スポット

せっかく加太まで遊びに来たのに、友ヶ島観光だけじゃもったいない! ここからは観光に食事、日帰り温泉など、おでかけの楽しさが全部そろった加太のおすすめスポットをご紹介。

●加太のおすすめスポット1「淡嶋神社」

淡嶋神社

雛流しの神事で、全国的な知名度を誇る淡嶋神社。拝殿には全国から供養のために集まった人形がぎっしりと並んでおり、独特で神秘的な雰囲気が漂う。ご祭神の少彦名命は薬の神様として知られており、婦人病や安産祈願など“女性のための神様”として信仰を集めている。

●加太のおすすめスポット2「天空の湯 休暇村紀州加太」

休暇村紀州加太のインフィニティ風呂

紀淡海峡を望む高台のリゾートホテル。全室オーシャンビューの客室での宿泊や、ライブキッチンのレストランで地元グルメが堪能できる。また日帰りでも利用可能な温泉施設「天空の湯」では湯船に浸かると紀淡海峡と湯面が一体化して見える「インフィニティ風呂」をはじめ、趣向を凝らした6種類の湯船が楽しめる。

●加太のおすすめスポット3「活魚料理いなさ」

活魚料理いなさの鯛しゃぶ鍋6,480円。コースは8,640円

四季折々の天然魚を素材に合わせて最高の形で堪能させてくれる地元の名店。加太は1年を通して、身の締まったマダイが獲れることで有名だが、同店ではそんな極上のマダイを鍋や刺身などにして提供し、鮮度抜群の旨みを心ゆくまで堪能させてくれる。また、夏にはハモ、冬にはクエを使ったこだわりの料理が登場するので期待。

●加太のおすすめスポット4「カダテラス」

カダテラス

重曹泉の天然温泉が満喫できる温泉旅館「加太海月」に2016年に新設されたバーベキューテラス。漁港から直送された新鮮な海の幸や肉を浜焼きバーベキューにして思う存分楽しめる。さらに紀淡海峡を一望する海辺のテラスであるため、日中は青い海がどこまでも広がり、夕暮れ時には紀淡海峡に沈む夕陽が望める。

非日常な体験を約束する友ヶ島を筆頭に、加太のおすすめスポットをたっぷりとご紹介した今回。写真や文字だけでは伝わらない感動がたくさん待っているので、ぜひ実際に足を運んで、加太の素晴らしさを感じてみて。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る