江戸時代に誕生!レトロドリンク「ゆであずき」ってどんな味?

2018年6月2日 20:00更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

浅草の老舗喫茶「デンキヤホール」には、ほかにも100年超えのメニューがある。「ゆであずき」(500円)だ。メニュー名から、おしるこ風のものを想像していたが、いい意味で予想を裏切られた。耐熱の背が高いグラスに注がれているのは、温かい小豆のゆで汁。この汁を飲みながら、付属のスプーンで沈んだ小豆をすくって食べる。控えめな甘さの中にほんのりとしょっぱさを感じ、おしることはまったく違う味わいだ。

小豆は季節によって水につける時間を変えるこだわりぶり。昔は夏場の塩分補給としても用いられていたのだとか

小豆は季節によって水につける時間を変えるこだわりぶり。昔は夏場の塩分補給としても用いられていたのだとか

すべての画像を見る(3件)

今でこそあまりなじみのないゆであずきだが、江戸時代にはすでにあったそう。寺社仏閣の露店で売られていたのだとか。

北海道産の小豆を3日間かけて炊き上げて作るという手間がかかるメニューだが、昔を懐かしんで注文する人が後を絶たない。豆のみで煮汁がない「煮あずき」(600円)もある。

サンドイッチなどの軽食も見逃せない。中でも「タマゴサンド」(600円)はファンが多い一品だ。卵サンドのフィリングは大きく分けると、タマゴ焼きタイプとゆで卵をマヨネーズ等であえたタイプの2種類あり、デンキヤホールは前者。卵焼きはLLサイズを贅沢にも3個使用し、ふわっふわの仕上がりに。食パンは近所の「セキネパン」から取り寄せている。

【写真を見る】バスケットに肩を寄せ合う姿がほほえましい。トーストサンドにすることもできる

【写真を見る】バスケットに肩を寄せ合う姿がほほえましい。トーストサンドにすることもできる

「古くからやっている喫茶店は、わりと卵焼きタイプが多いかもしれませんね」と店主の淑江さん。塩気の効いた卵とパリパリのキュウリを、しっとりとした食パンが優しく受け止める。ゆであずきとセットでレトロなおひとりさまランチを満喫しよう。【東京ウォーカー】

ノスタルジーを感じる組み合わせ。ゆであずきのグラスホルダーはよく見ると波型で、手持ちの部分は富士山型になっている

ノスタルジーを感じる組み合わせ。ゆであずきのグラスホルダーはよく見ると波型で、手持ちの部分は富士山型になっている

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る