コスパ最強!東京・台東区の激安たこ焼き&今川焼き

2018年6月3日 18:00更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

“ひとりもんじゃ”ができる「三島屋」。ひとりもんじゃを堪能していると、「ここはね、たこ焼きと今川焼もうまいよ」と常連さんに薦められ、2品を追加オーダー。丸い皿に丸く盛られた「たこやき」は9個で300円、「今川焼」は1つ80円と、いずれもリーズナブルだ。

何のてらいもないシンプルisベストなたこ焼き。青のりとソースというシンプルかつ王道な組み合わせが、生地のうまみを際立たせる

何のてらいもないシンプルisベストなたこ焼き。青のりとソースというシンプルかつ王道な組み合わせが、生地のうまみを際立たせる

すべての画像を見る(4件)

初代が大阪で修業したというたこ焼きは、外はカリカリで中はふんわりトロ~リ。しっかりとダシの効いた生地に、存在感たっぷりのタコが入っている。あらかじめかけられたソースと青のりが絶妙で、マヨネーズをかけるのが当たり前になりつつある昨今のたこ焼きに一石を投じるような新鮮さを感じた。できたてはかなり熱いので、猫舌の人は注意が必要だ!

【写真を見る】大ぶりのタコが入ったたこ焼きは、店内はもちろんお土産にも大人気

【写真を見る】大ぶりのタコが入ったたこ焼きは、店内はもちろんお土産にも大人気

ソース味を堪能した後は甘味が欲しくなるもの。今川焼は小ぶりながらもずっしりと重く、割ってみると小豆のつぶしあんがぎっしり。香ばしい皮にしっとりふわふわの生地と甘さ控えめのあん…満腹気味にもかかわらず、自然と2つ目に手が延びる。

見よ、このみっちり詰まったつぶしあんを!はみ出した皮の部分をあえて残しているのも特徴。サクサクとした食感で美味だ

見よ、このみっちり詰まったつぶしあんを!はみ出した皮の部分をあえて残しているのも特徴。サクサクとした食感で美味だ

1週間に2回炊くという小豆は北海道の十勝産。創業時より砂糖の量を30%カットするなど、時代に合わせて改良を重ねているという。小ぶりで食べやすい大きさのように感じるが、昭和の今川焼といえばこれが主流だった。現在このサイズの焼き型は姿を消し、都内では三島屋だけが使い続けているのだそう。【東京ウォーカー】

今では珍しくなった小ぶりの焼き型。あらゆる調理器具がそろう「かっぱ橋道具街」でも扱っていないという

今では珍しくなった小ぶりの焼き型。あらゆる調理器具がそろう「かっぱ橋道具街」でも扱っていないという

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る