ひとりでとことん遊びたい!懐かしのテーブルゲーム

2018年6月2日 0:50更新

東京ウォーカー 東京ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

おひとりさま率は40%ほどだという浅草の「デンキヤホール」。土地柄、観光客の姿もちらほら見られる。間口に比べて、店内は奥行きがあり全部で36席。常に常連さんが座っている入口横の席、奥にはボックス席がある。注目すべきは、今では懐かしいテーブルゲーム機3台が現役であること。

最近では珍しくなったテーブルゲーム機。テレビ番組『ゲームセンターCX』にも登場したことがあるという

最近では珍しくなったテーブルゲーム機。テレビ番組『ゲームセンターCX』にも登場したことがあるという

すべての画像を見る(4件)

「パックマン」や「ディグダグ」など往年の名作から、ちょっとエッチな麻雀ゲームまで1プレイ100円で楽しめる。普段は電源オフになっているので、遊びたい場合はスタッフにお願いしよう。ちなみに、麻雀ゲームは18歳未満お断り。周りの目を気にせずプレイすることは至難の業だが、強靭なハートをお持ちのおひとりさまは挑戦してみては。

【写真を見る】ゲームが楽しめるのは店内奥の3席。ひっそりプレイするのはなかなか難しそう…

【写真を見る】ゲームが楽しめるのは店内奥の3席。ひっそりプレイするのはなかなか難しそう…

デンキヤホールの店名は、もともと電気店として開業したことに由来する。しかし世は戦時中。男手が不足し「女性や子供だけでも成り立つ商売を」と、喫茶店を併設したのがはじまりだという。今も「元祖オムマキ」(650円)と「ゆであずき」(500円)など、創業時から続く味を忠実に守り続けている。淑江さんによると「関東大震災の時は、トタン屋根の上で営業していた」とのこと。震災・戦災にも負けず、1世紀にわたり受け継がれてきたのだ。

「嫁いで40年」という3代目の奥様・杉平淑江さん。明るい笑顔で調理もホールもこなす

「嫁いで40年」という3代目の奥様・杉平淑江さん。明るい笑顔で調理もホールもこなす

そんな歴史を裏付けるものが店内の随所に見られる。そのひとつが、名古屋発祥の洋食器ブランド「ノリタケ」のオールドコレクションだ。明治~大正頃の貴重な品だが、ガラスのショーケースに入っており誰でも見学できる。ほかにも、錦絵や懐かしい扇風機などが飾られており、ちょっとした博物館状態だ。アンティークに囲まれながら、ひとりノスタルジーに浸れる貴重な場所となっている。【東京ウォーカー】

店内中央に飾られているオールドノリタケコレクション。常連さんからの寄贈品だそう

店内中央に飾られているオールドノリタケコレクション。常連さんからの寄贈品だそう

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る