テンパりまくるカレー屋さん!? 衝撃の香りと味を堪能

2018年6月5日 16:45更新

東京ウォーカー 取材・文=中山秀明/撮影=三佐和隆士

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昨今、東京のカレーシーンをにぎわせているジャンルが「スパイスカレー」だ。これは大阪が発祥といわれ、その名店である「旧ヤム邸」が昨年下北沢に進出したことで、東京でも一層の盛り上がりを見せている。だが、そのムーブメントの一方でシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)的な新店がオープンしているのも事実。高円寺の「スパイスカレー青藍」(せいらん)だ。

青藍の定番「スパイシーチキンカレー定食」(900円)。定食になると、カレーとターメリックライスのほかに野菜の総菜が約5種類付く。定食でない単品は800円だ

青藍の定番「スパイシーチキンカレー定食」(900円)。定食になると、カレーとターメリックライスのほかに野菜の総菜が約5種類付く。定食でない単品は800円だ

すべての画像を見る(6件)

生粋のカレー好きがイベントや「間借り」を経て完全独立

オープンしたのは2017年11月20日。店主の梶田健一さんは食べることが大好きで、特にカレーに目がなかった。20年以上も自身でカレー作りをするかたわら、都内を中心に年間150~200軒を食べ歩くほど。とはいえ仕事は料理人ではなく、広告代理店やレシピサイト「クックパッド」などに従事してきた経歴を持つ。

【写真を見る】店主の梶田健一さん。今でも休みの日にはカレーを食べ歩いているが、まずは店の運営を安定させて、いずれはイベントや様々なコラボレーションをしたいと語る

【写真を見る】店主の梶田健一さん。今でも休みの日にはカレーを食べ歩いているが、まずは店の運営を安定させて、いずれはイベントや様々なコラボレーションをしたいと語る

その後、食とウェブに関する会社を起業し、やがて休日には自らカレーを振る舞う「西早稲田サンデーカレーライス」というイベントも主催するように。また、知人からの誘いで高田馬場のバルでの「間借りカレー店」もスタートする。そして満を持してオープンしたのが「青藍」だ。

店の場所は高円寺駅の北口方面。改札を出て、商店街をさらに北方面へ歩いて約5分でたどり着く

店の場所は高円寺駅の北口方面。改札を出て、商店街をさらに北方面へ歩いて約5分でたどり着く

同店のカレーの魅力は、カルダモン、クミン、花椒(ホアジャオ。四川山椒)、コリアンダー、フェンネルなどを絶妙な配合でブレンドした芳醇な香り。また魚介ダシを活用し、バターはもちろん油は最小限に抑え、小麦粉や化学調味料も一切使わないヘルシーさも特徴だ。テーマカラーである青の皿一枚に盛り付ける、華やかなビジュアルも食欲をそそる。

平日限定の「カレー定食2種盛」(1100円)。「スパイシーチキンカレー定食」がベースとなり、ターメリックライスの上にポークジンジャーキーマがのる

平日限定の「カレー定食2種盛」(1100円)。「スパイシーチキンカレー定食」がベースとなり、ターメリックライスの上にポークジンジャーキーマがのる

オリジナルな“追いテンパリング”の妙!

大阪スパイスカレーの名店のなかにも、実店舗オープンまではイベントで出店するだけだったり、間借りカレー店として人気を集めたりというケースは多い。これらは青藍にも共通しているし、自由な発想でスパイスや魚介ダシを駆使する点や、盛り付けの美しさも似ている。だが青藍の独自性は、理想の味を独学で追求した末に生み出された、スパイスの使い方にあった。

提供直前に、油で熱したスパイスとソースをブレンド。スパイスと聞くと辛さを想像するかもしれないが、同店では主役はあくまでも香りなので必要以上に辛くない

提供直前に、油で熱したスパイスとソースをブレンド。スパイスと聞くと辛さを想像するかもしれないが、同店では主役はあくまでも香りなので必要以上に辛くない

油でスパイスを熱することを「テンパリング」という。一般的にこの作業はカレー作りの初期段階で行われるが、青藍では提供直前にも“追いテンパリング”をしてソースとブレンドする。同店のコンセプトは“香りを食べる”であるが、実食してみれば納得。噛むごとにフレッシュな香りが口内へ弾け飛ぶのだ。

イベント出店や「間借りカレー」においては、調理器具や食器を最小限にすることがポイント。そのためワンプレートのスパイスカレーというスタイルが生まれたのであろう

イベント出店や「間借りカレー」においては、調理器具や食器を最小限にすることがポイント。そのためワンプレートのスパイスカレーというスタイルが生まれたのであろう

梶田さんに大阪スパイスカレーについて聞くと、自分のレシピが完成したあとに「大阪にもこのスタイルがあったんだ!」と知ったらしい。ただ、提供直前にテンパリングをしている店は、自分の知る限りではなかったとか。つまり、青藍の“追いテンパリング”はある意味革命といえよう。未知なるスパイスを求めるカレーファンは、高円寺へ急ぐべし!

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る