地元和歌山の食材を使ったご当地ハンバーガーが話題!和歌山・白浜町「木と水と土と」

2018年6月22日 16:23更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京・表参道にあるハイブリッドスイーツのお店「木と水と土と」が和歌山に進出。梅酢を与えて育てた梅鶏や金山寺味噌など、地元和歌山の食材をふんだんに使ったご当地ハンバーガーが今話題に。表参道で一番人気のクレームブリュレパンケーキやジャバラムースなどスイーツにも注目。<※情報は関西ウォーカー(2018年6月19日発売号)より>

マグロ・梅鶏・金山寺味噌など和歌山の魅力がたっぷり!

 「生まぐろカツバーガー」(1382円)/木と水と土と

「生まぐろカツバーガー」(1382円)/木と水と土と

すべての画像を見る(5件)

とれとれ市場に並ぶ新鮮なマグロを使用。タルタルソースには梅肉を混ぜ、さっぱりとした味わいに。

「紀州梅鶏バーガー」(820円)/木と水と土と

「紀州梅鶏バーガー」(820円)/木と水と土と

噛み応えたっぷりの梅鶏を照り焼きにし、味噌マヨをオン。地元ベーカリーに特注したバンズも美味。

「噛むごとに梅鶏の旨味と香りが! 歯応えのある照り焼きチキンに味噌マヨがマッチ。ボリューミーなのにヘルシー!」と、ハンバーガールZ・むーちゃん。

金山寺味噌とマヨネーズを混ぜ合わせた味噌マヨ/木と水と土と

金山寺味噌とマヨネーズを混ぜ合わせた味噌マヨ/木と水と土と

梅鶏にたっぷりかけているのは、和歌山の特産品である金山寺味噌とマヨネーズを混ぜ合わせた味噌マヨ。

「メニューを考える際は、地元食材を使うことはもちろんですが、旬がなくて通年楽しめる素材を選んでいます」と、店長の五味俊之さん。

梅鶏を照り焼きに/木と水と土と

梅鶏を照り焼きに/木と水と土と

大きな梅鶏を豪快に照り焼きに。仕上げに焦がし照りソースをかけ、香ばしくほんのり甘い照り焼きチキンに。

とれとれ市場内の店舗/木と水と土と

とれとれ市場内の店舗/木と水と土と

とれとれ市場内にあるテイクアウトメインのお店。イートインスペースもあり、ドライブの休憩にも最適。

■BURGER DATA/ハンバーガー:「とれとれ真鯛のグリルバーガー」(830円)など6種 マンスリーバーガー:なし トッピング:なし ドリンク:「きなこラテ」(594円)、「南紀白浜なぎさビール」(550円)など9種

■木と水と土と<住所:西牟婁群白浜町堅田2521 とれとれ市場内 電話:0739-43-0550 時間:8:30~18:30(LO17:30) 休み:不定休 席数:23席 タバコ:喫煙 駐車場:777台(無料) ※とれとれ市場の駐車場を利用 交通:JR白浜駅より白浜町巡回バス約7分、とれとれ市場前からすぐ>【関西ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る