“カレーこそ最強のつまみ”説。千歳烏山の人気店で検証!

2018年7月24日 17:00更新

東京ウォーカー 取材・文=河合哲治郎/撮影=岩堀和彦

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

昨今、“呑めるカレー屋さん”が急増中。東京・千歳烏山にある「ハバチャル」はその代表的な店で、夜は“スパイス居酒屋”の顔を持つ。カレーのほか、アチャール(インド版のピクルス)も名物で、スパイス料理とお酒のおいしい関係を提案してくれる。

左は「チャナマサラ」(Sサイズ・380円)、右は期間限定の一例「あさり&わさび菜」(Sサイズ・490円)。インドビールは「ゴッドファーザースーパーストロング」(600円)

左は「チャナマサラ」(Sサイズ・380円)、右は期間限定の一例「あさり&わさび菜」(Sサイズ・490円)。インドビールは「ゴッドファーザースーパーストロング」(600円)

すべての画像を見る(6件)

夜はミニサイズのカレーもあり、お酒のアテにできる

ランチはカレー専門店だが、夜はカレーのほか、各種スパイス料理やお酒も楽しめる「ハバチャル」。店主の飯塚俊太郎さんは、表参道にあった人気インド料理店「バラッツ!スパイスラボ」(現在は閉店)で腕を振るったのち、2017年6月に自らの店をオープンさせた。

カレーは「チキンカレー」と「チャナマサラ(ひよこ豆)」の2種がレギュラーで、そのほか期間限定(随時2種ほど)が入れ替わりで登場。夜はカレーのソースのみの注文も可能で、サイズもSとMから選べる。

「カレーもおつまみ感覚で食べられるよう、ソースのみでもお出ししています」と飯塚さん。その言葉通り、Sサイズは1人で食べ切るのにちょうどいい量。それでいて具は多めで、お酒のアテにピッタリだ。

カレーは「パラタ」(350円)と一緒に味わうのもおすすめ。デニッシュのような自家製の平たいパンでほんのりと甘く、スパイシーなカレーとよく合う。そのほかライスもあるので、お酒とそのほかのスパイス料理を楽しんだあとに、シメでカレーとライスを注文するのもよい。もちろんお酒を飲まず、カレーだけの食事利用もウエルカムだ。

「アチャールで呑む」は、この店ならではの楽しみ

【写真を見る】各種アチャール。手前中央は「チェリートマト」、その左は「ゴーヤ」(各250円)など。お酒は「レモングラスのスパイシーウォッカ」のロック(550円)

【写真を見る】各種アチャール。手前中央は「チェリートマト」、その左は「ゴーヤ」(各250円)など。お酒は「レモングラスのスパイシーウォッカ」のロック(550円)

そしてこの店を訪れたならば、絶対に味わいたいのがアチャール。「夜は“カレーで呑む”というよりも、“アチャールで呑む”をコンセプトにしています」(飯塚さん)。

飯塚さんのアチャールは「バラッツ!スパイスラボ」時代から有名で、野菜や魚介、肉など、素材に応じてさまざまなスパイスを使い分けている。常時13種前後がそろっているので、いろいろと食べ比べたい。

カレーやアチャールがお酒と合うのは、スパイスとアルコールの相性が良いから。それはジンやベルモットといったスパイスを原料に用いているお酒、カクテルに欠かせないリキュール類などが証明している。例えばスパイスの代表格であるコリアンダーは、複雑で果実を思わせるフレッシュな香りでアルコールの臭みをリフレッシュさせてくれる効果もある。

スパイスを使った自家製リキュールもぜひ試したい

インドのお酒も種類豊富。左からラム「オールドモンク」(600円)、ビール「ゴッドファーザースーパーストロング」(600円)、ウイスキー「アムルット フュージョン」(700円)など

インドのお酒も種類豊富。左からラム「オールドモンク」(600円)、ビール「ゴッドファーザースーパーストロング」(600円)、ウイスキー「アムルット フュージョン」(700円)など

お酒はビールやウイスキー、焼酎などさまざま。スパイシーな料理に合うワイン(ボトル2,700円~)などインドのお酒も各種そろう。なかでもぜひ試したいのがスパイスを使った自家製リキュール。「カルダモンコーヒー焼酎」、「アッサムティージンジャーラム」、「レモングラスのスパイシーウォッカ」の3種(各550円)で、ロックや水割りなど好みの飲み方で楽しめる。

自家製スパイスリキュール。左から「カルダモンコーヒー焼酎」、「アッサムティージンジャーラム」、「レモングラスのスパイシーウォッカ」

自家製スパイスリキュール。左から「カルダモンコーヒー焼酎」、「アッサムティージンジャーラム」、「レモングラスのスパイシーウォッカ」

カレー、アチャール、そしてスパイス酒とまさにスパイス尽くしの“呑めるカレー屋さん”。スパイスにはさまざまな効用があるので、食べて、飲んで、元気になって、夏の暑さを吹き飛ばそう!

「わかさぎパコラ」(480円)。ワカサギにひよこ豆の粉を使った衣を付けて揚げたインド風フリット。パクチーやミントなどで作ったグリーンチャツネ(ソース)で

「わかさぎパコラ」(480円)。ワカサギにひよこ豆の粉を使った衣を付けて揚げたインド風フリット。パクチーやミントなどで作ったグリーンチャツネ(ソース)で

千歳烏山駅南口からほど近い場所にある白いビルの2階。夜は予約がベター。コース料理2,500円~(前日までに要予約)もあり

千歳烏山駅南口からほど近い場所にある白いビルの2階。夜は予約がベター。コース料理2,500円~(前日までに要予約)もあり

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る