カナダ発「RYUS NOODLE BAR」が日本初上陸

2018年10月16日 14:31更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

カナダ発の「RYUS NOODLE BAR(リューズ ヌードル バー)」が新横浜ラーメン博物館に2018年10月17日(水)、日本初上陸する。世界21か国38都市のラーメンを調査し、日本に店がなく海外で独自に誕生したラーメン店を2013年から誘致&紹介してきた新横浜ラーメン博物館。そんな“逆輸入ラーメン”第5弾として、カナダでももっとも人口が多い都市・トロントで愛される人気の鶏白湯「RYUS NOODLE BAR」が登場する。

「RYUS 鶏白湯ラーメン」(900円)は鶏チャーシュー、豚バラ、ルッコラ、メンマ、白キクラゲ、ゴマ、レモンゼストがのる

「RYUS 鶏白湯ラーメン」(900円)は鶏チャーシュー、豚バラ、ルッコラ、メンマ、白キクラゲ、ゴマ、レモンゼストがのる

すべての画像を見る(7件)

店主の髙橋隆一郎氏が2013年に留学先だったカナダに店を開店

店主の髙橋隆一郎氏は、日本の飲食店で6年間働いたあと、2009年にカナダ・バンクーバーへ留学。その後、バンクーバーの飲食店で働き永住権を獲得した。2013年に独立したのを機にトロントへ移住し、RYUS NOODLE BARを開業。「本格的な日本のラーメン」と「カナダ人が好む味覚」を融合させた、とろみのある白湯が爆発的ヒットした。トロントはさまざまな人種が集まり、食文化も多様に存在する。味の嗜好性は甘味や辛味などの味覚がはっきりしたものが好まれるエリアだ。

店主の髙橋隆一郎氏

店主の髙橋隆一郎氏

「甘味は特にカナダ人に愛されている味覚です。野菜を中心とした食材が持つ甘味を最大限に生かし、カナダ人の舌に合い、かつ日本人が食べてもおいしいと思えるものを研究しました。トロントは地域の特色上、ベジタブルラーメンは必須。品質の高い“オンタリオ鶏”をメインとした鶏白湯スープに仕上げました」と髙橋氏は語る。

入口にある赤いのれん

入口にある赤いのれん

独自性に富んだ“カナディアン鶏白湯”

「RYUS 鶏白湯ラーメン」(900円)は、旨味と甘味とコクのハーモニーが楽しめる、鶏白湯スープが特徴。鶏の旨味と野菜ポタージュの甘味、魚介ダシのコクが調和した鶏白湯は独自性に富んだ“カナディアン鶏白湯”だ。とろりとしたスープに麺が絡み、食欲が刺激される!

鶏と野菜を弱火で長時間炊き、ひと晩熟成。さらに強火で炊き上げて作るスープはポタージュのようなとろみとなめらかさが特徴

鶏と野菜を弱火で長時間炊き、ひと晩熟成。さらに強火で炊き上げて作るスープはポタージュのようなとろみとなめらかさが特徴

バラエティ豊かなメニューに注目

このほか、カナダ人に長年愛されている日本食「銀鱈の西京焼き」からヒントを得たという「西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン」(950円)。鶏白湯に西京味噌をメインに4種類の味噌をブレンドした一杯だ。ほかにも、「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」(980円)は、カリフラワーやジャガイモを中心とした野菜をポタージュ状にし、和ダシと豆乳をブレンド。ベジタブルラーメンとは思えないコク豊かで満足感のある仕上がりとなっている。

「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」(980円)。スープのベースは、カリフラワーやジャガイモを中心とした野菜をポタージュ状にし、和ダシと豆乳をブレンドした

「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」(980円)。スープのベースは、カリフラワーやジャガイモを中心とした野菜をポタージュ状にし、和ダシと豆乳をブレンドした

西京味噌をメインに4種類の味噌をブレンドした「西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン」(950円)

西京味噌をメインに4種類の味噌をブレンドした「西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン」(950円)

また、トッピングには、カナダ産のメイプルシロップとバターを合わせてスモークし、メイプルリーフの型に切り抜いた「自家製スモークメイプルバター」(150円)を。スモーキーな香りと、メイプルバターの深いコクと甘味が広がっていく味変が楽しめる。

【写真を見る】トッピングの「自家製スモークメイプルバター」(150円)を加えると、メイプルバターの深いコクと甘味で味変が楽しめる!

【写真を見る】トッピングの「自家製スモークメイプルバター」(150円)を加えると、メイプルバターの深いコクと甘味で味変が楽しめる!

日本人には新しい感覚とも言える、トロント流の一杯でカナダの味覚や食文化を体感しよう!

■新横浜ラーメン博物館(RYUS NOODLE BAR ※2018年10月17日(水)オープン)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 電話:045-471-0503 営業:11:00~22:00、日曜・祝日10:30~※最終入場は21:00~23:00の間で変動(LO各30分前) 休み:なし 料金:1日入場券大人310円 駐車場:175台(最初の30分無料、以降250円/30分) アクセス:市営地下鉄線新横浜駅8出口より徒歩1分、JR線新横浜駅北口より徒歩5分

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る