絶景露天や日本一の千手観音など、SKE48青木詩織と巡る1泊2日の焼津映えたびっ<前編>

2019年2月20日 11:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部/伊藤甲介

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

駿河湾に面した静岡県中央部に位置し、新鮮な海の幸を存分に味わえることで知られる焼津市。そんな焼津市内には今、フォトジェニックなスポットがたくさんあるらしい!ということで、同市出身でやいづ親善大使を務めるSKE48の青木詩織(以下、おしりん)と、1泊2日で焼津の“映え”スポットを巡ってきた!お宝写真満載な旅の様子を、前後編でレポートする。

青木詩織(おしりん) が、フォトジェニックな焼津たびをレポート!
(C)KADOKAWA

全ての画像を見る(21件)

焼津市へは、名古屋市内から車で約130分ほどのドライブで到着。まず訪れたのが、植物やガーデニング雑貨などを取り扱う「みどりのお店ポメゾン」の中にあるカフェ、「Pome's campus(ポメズ キャンパス)」だ。

さまざまな種類の植物などがそろう、みどりのお店ポメゾン(C)KADOKAWA

店の内外に植物が所狭しと並ぶ中、建物の奥にあるお目当てのカフェへ。店主自らが手作りしたという花と緑いっぱいの壁が超フォトジェニックで、おしりんも「おとぎ話の中に迷い込んだみたい!!」と感激!

【写真を見る】「まるでお花畑にいるみたい!」キュートな店内にうっとりする青木詩織(C)KADOKAWA

バラエティ豊かな具を挟んだコッペパンが評判ということで、さっそくオーダー。「どれもボリュームたっぷりで、食べ応えがあるよ!」。

コッペパン チーズカレー(左、350円税別)、マルゲリータ(手前、300円税別)、フルーツサンド(奥、300円税別、土曜・日曜のみ販売)(C)KADOKAWA

「かわいすぎるー!」と、壁一面の草花を背景にして自撮りするおしりん(C)KADOKAWA

【DATA】住所:静岡県焼津市相川638-2 / 電話:054-622-7787 / 時間:9:00〜18:00、土曜・日曜 8:00〜18:00 / 休み:火曜

次に訪れたのが、焼津千手観音を本尊とする「大覺寺 全珠院(だいかくじ ぜんしゅいん)」。高さ4.2mの千手観音像はなんと千手観音の大仏様式で日本一の大きさだ。「大迫力でびっくり!でも、観音様の表情はすごく優しそうだね」と、おごそかな気分で手を合わせた。

「なんと、日本一大きな千手大観音なんだよっ!」(C)KADOKAWA

「この記事を見た人が、焼津に来てくれますように…」(C)KADOKAWA

お参りした後は、おみくじを引いてみた。「末吉でした…。でも、焼津にいるだけで気分は大吉だよっ♪」。

「おみくじ引いてみました♪結果は末吉。うーん、微妙?」(C)KADOKAWA

【DATA】住所:静岡県焼津市大覚寺1-19-1 / 電話:054-628-1811 / 時間:9:00〜16:30 / 休み:なし、法要などで見学不可の場合あり / 料金:拝観無料

続いて、「旅にスイーツは欠かせない!」というおしりんの要望で、静岡茶専門店「SANOWA 茶匠 丸玉園 登呂田店」へ向かうことに。同店は自社製造のお茶や焼津の特産品などを販売するほか、カフェも併設している。

「お茶を飲んでほっこりしましょ♪」(C)KADOKAWA

人気メニューの静岡抹茶パフェ(880円)は、静岡抹茶をふんだんに使用した手作りの抹茶アイスや抹茶パウンドケーキ、抹茶ゼリーに加え、あずきや白玉、グラノーラなどが層を成して食感も楽しめる。「抹茶づくしのパフェは絶品♡抹茶ラテ(アイス360円〜)もオススメだよ」。

静岡抹茶パフェ(880円)(C)KADOKAWA

「上に乗った抹茶パウダーが美しい〜。それに、横から見てもキレイ」(C)KADOKAWA

【DATA】住所:静岡県焼津市東小川5丁目9-17 / 電話:054-621-5501 / 時間:9:30〜18:00、カフェは10:00〜17:00 / 休み:なし

グルメや観光を満喫した後は、宿泊先の「焼津グランドホテル」へチェックイン!焼津の市街地や駿河湾を見下ろす高台にあり、富士山の眺望や泉質のよい温泉が楽しめるリゾートホテルだ。

温泉が大好きだというおしりんは、「まず温泉に浸かろう!」と、ホテル自慢の「海のお風呂」へ!

「お風呂に入りますっ♪」(C)KADOKAWA

露天風呂は、駿河湾と一体化した眺めも楽しめるインフィニティ風呂で、富士山も見える。「露天風呂は地下1,500mから湧出した天然温泉、やいづ黒潮温泉。美容と健康に効果があるんだそう」。

焼津グランドホテル 海のお風呂。露天風呂は天然温泉「やいづ黒潮温泉」(C)KADOKAWA

「壺風呂に入ってみました」(C)KADOKAWA

風呂から上がったら、お部屋でリラックスタイム。今回おしりんが宿泊したのは、2018年6月にリニューアルしたばかりの西館にある「夕映え和モダン洋室 テラス付き」(1泊2食付き17,280円〜)だ。約45㎡ある広々とした客室スペースは、インテリアもオシャレ!「浴衣は好きな柄をチョイスできるんだよ!選ぶのも楽しいね」。

お風呂に入った後は、お部屋でくつろぎタイム(C)KADOKAWA

「どの写真もいい感じ♪全部SNSにアップしたーい!」(C)KADOKAWA

「いっぱい写真を撮ったなぁ」とスマートフォンでこの日撮影した写真を振り返っていると、だんだん陽が落ちてきた。テラスに出てみると、そこには焼津市街地に夕日が沈む絶景が!「すごくキレイ。みんなに見せてあげたいな」。

「夕日がキレイすぎて感動。みんなにシェアしなきゃ!」(C)KADOKAWA

おしりんの大好きな焼津の町に夕日が沈む(C)KADOKAWA

夕食は、和・洋・中など約60種類のグルメが味わえる「焼津リゾートブッフェ」。シェフが目の前で調理してくれるライブキッチンが人気で、「寿司、刺身、天ぷら、ステーキ、石窯ピザ…これ全部、出来たてが食べられるなんてすごい!」と、おしりんも大喜び。

「どれもこれもおいしそうで、迷っちゃうなぁ…」(C)KADOKAWA

「焼きたてのピザが目の前に!石窯は富士山の溶岩石を使っているそう」(C)KADOKAWA

お腹もココロも充たされて、1日目が終了。「やっぱり私、焼津が大好きだ…♪」と、大満足で眠りにつくおしりんなのであった。最後に、おしりんのキュートな寝顔をコッソリお届け。後編もどうぞお楽しみに!

「お腹もココロも大満足で、眠くなってきちゃいました。おやすみなさいっ!」(C)KADOKAWA

【DATA】住所:静岡県焼津市浜当目1489 / 電話:054-627-1121 / 時間:チェックイン15:00〜、アウト10:00 / 料金:1泊2食付き1人10,800円~ / HP:http://www.sn-hotels.com/ygh/

取材・文=前田智恵美/撮影=EDWARD.K/スタイリング=大野晴美/ヘアメイク=城下敦子(テクノクラート)

この記事の画像一覧(全21枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る