焼きたてナンが食べ放題!金沢のインドカレーの名店が関東初上陸

2019年2月18日 19:20更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1979(昭和54)年の創業以来、金沢で親しまれているインド料理の実力店「ホットハウス」が、2018年12月8日、トレッサ横浜にオープンした。

金沢で親しまれるインド料理の実力店が関東初登場。本格インド料理が味わえる

金沢で親しまれるインド料理の実力店が関東初登場。本格インド料理が味わえる
(C)KADOKAWA 撮影= 奥西淳二

すべての画像を見る(10件)

インドの料理人が秘伝のスパイスで作る本格カレーは、スパイシーなマサラカレーやホウレン草のカレー、ムガールカレーなど多彩なメニューを用意。なかでもオススメは、大量のトマトを入れて作る「魅力のバターチキンカレー」(1,490円)だ。カレー以外の料理では、タンドール窯で焼く「伝説のティキンテッカ」(1490円、ハーフサイズ842円)などを用意し、いずれも高級感のある上品な味わいが楽しめる。

ポイント1:旨さの秘密は創業時からの秘伝のスパイス

【写真を見る】大量のトマトを煮込んだマイルドな辛さの「魅力のバターチキンカレー」(1,490円)。ナンは食べ放題で、サフランライスに変更も可

【写真を見る】大量のトマトを煮込んだマイルドな辛さの「魅力のバターチキンカレー」(1,490円)。ナンは食べ放題で、サフランライスに変更も可(c)KADOKAWA撮影=奥西淳二

人気のカレーは、代々受け継がれた独自のブレンドによる秘伝のスパイスが味の鍵をにぎっており、どれもマイルドな辛さが特徴。辛さを加える場合は、辛さ増し2.5倍(54円)、5倍(108円)が可能だ。

ポイント2:ほんのり甘いモチモチのナンがカレーと好相性

インドの絵画やさまざまな形のアンティーク風ライトが配された店内

インドの絵画やさまざまな形のアンティーク風ライトが配された店内(c)KADOKAWA撮影=奥西淳二

オーダーが入ってから料理人がタンドール窯で1枚ずつ焼くナンは、生地を一晩寝かせることで、ほんのり甘くモチモチした食感に。カレーを注文すると、焼きたてのナンが食べ放題になるというサービスもうれしい。「ナン」単品の価格は410円で、「チーズナン」(432円)もオススメだ。

バターの風味豊かなナンがカレーの旨さを引き立てる

バターの風味豊かなナンがカレーの旨さを引き立てる(c)KADOKAWA撮影=奥西淳二

ポイント3:ゆったりとした居心地のよい店内

注文後に窯で1枚ずつ焼き上げた、アツアツのナンが味わえる

注文後に窯で1枚ずつ焼き上げた、アツアツのナンが味わえる(c)KADOKAWA撮影=奥西淳二

白を基調にインドの高級料理店をイメージした店内はゆったりとした作りで、席はテーブル席のみ。年代物のインドの絵画や骨董品が飾られており、舌だけではなく、訪れた人の目も楽しませてくれる。

入口に飾られた巨大なナンが店の目印

入口に飾られた巨大なナンが店の目印(c)KADOKAWA撮影=奥西淳二

取材担当・Qの感想

金沢で評判のインドカレー店というだけあって、どのカレーもスパイスと素材の旨味が集約されたマイルドな辛さ。一度食べればハマリますよ。

秘伝のスパイスを効かせた「伝説のティキンテッカ」(1490円、ハーフサイズ842円)。柔らかで、程よい辛さがクセになる

秘伝のスパイスを効かせた「伝説のティキンテッカ」(1490円、ハーフサイズ842円)。柔らかで、程よい辛さがクセになる(c)KADOKAWA撮影=奥西淳二

カレーはもちろんですが、お気に入りはタンドール窯で焼く「伝説のチキンテッカ」(1,490円)です。柔らかくジューシーで、ほどよい辛さがビールとマッチ!甘いものが好きな人は、食後のデザートに「チョコレートナンアイス」(734円)をぜひ!

アツアツのナンと冷んやりとしたアイスがたまらない「チョコレートナンアイス」(734円)

アツアツのナンと冷んやりとしたアイスがたまらない「チョコレートナンアイス」(734円)(c)KADOKAWA撮影=奥西淳二

【取材・文/中沢文子、撮影/奥西淳二】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る