淡路島の旬食材を使ったおでんと自然派ワインが楽しめる!「島おでん MIKE」

2019年4月4日 11:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

淡路島の旬食材とオリジナルダシを使った“島おでん”を、ブドウ本来の味が際立つ自然派ワインと味える店がオープン。注文されてから目の前で仕上げる季節の氷結ジェラート(540円)など、ライブ感も魅力。<※情報は関西ウォーカー8号(2019年3月26日発売)より>

オールシーズン食べたい淡路島尽くしのおでん「島おでん MIKE」

島おでん ※名物 島のさつま揚げ(手前・410円)、奥の器、手前から時計回りに梅モッツァレラ巾着(194円)、洲本・池田屋のコンニャク(270円)、島の農家さんがつくった大根(302円)

島おでん ※名物 島のさつま揚げ(手前・410円)、奥の器、手前から時計回りに梅モッツァレラ巾着(194円)、洲本・池田屋のコンニャク(270円)、島の農家さんがつくった大根(302円)

すべての画像を見る(3件)

写真のおでんは、コース(3024円~)でも提供される人気メニュー。注文されてから揚げるさつま揚げは、ベースを淡路島の練り物店に特注したもの。

【写真を見る】さっぱりとした風味の、島レモン醤油ラーメン(993円)はシメにぴったり

【写真を見る】さっぱりとした風味の、島レモン醤油ラーメン(993円)はシメにぴったり

「透き通ったおでんのダシは、淡路島の薪釜炊きの『おのころ雫塩』とハモでとった旨味やミネラル豊富な昆布などを合わせて作ったオリジナル。あっさりとしていて、最後まで飲み干したくなります。島から仕入れるおでんの食材は季節ごとに変わるので、ダシと食材の絶妙な味わい深さを一年通して楽しめます!」(ライター・ウエツキ)

素材感を生かしたグレーと木目のシックな店内。調理のライブ感とスタッフとの会話が楽しめるカウンター12席、テーブル12席も

素材感を生かしたグレーと木目のシックな店内。調理のライブ感とスタッフとの会話が楽しめるカウンター12席、テーブル12席も

「おでんは個々の食材の味を生かせるように、同じダシに漬け込まず、注文後に調理。旨味として使うダシも、できたてにこだわっています」と店主の白石将太さん。

■お店DATA/個室:なし 飲み放題:なし クレジット:可 コース:あり 予算:3500円~4500円

■島おでん MIKE<住所:神戸市中央区加納町3-14-5 上山ビル1F 電話:078-414-8002 時間:コース17:00~(LO21:00)、アラカルト21:00~(LO22:30)、ドリンク17:00~(LO23:00) 休み:不定休 席数:24席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急神戸三宮駅より徒歩6分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る