真夏の辛旨グルメを堪能!福岡市内の最新“スパイスカレー”8選

2019年8月9日 12:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

18~19年に開店した最注目のカレー店をピックアップ。香辛料のスパイシーさが際立つカレーは中毒必至。衝撃の辛さを今夏、体感せよ!

味わいの調和が優れた一皿!「CURRY&BAR KACHINA」

【画像を見る】「チキンカリープレート」(1000円)。ローストしたミックススパイス「ツナパハ」で下ごしらえした鶏肉の存在感が光る / CURRY&BAR KACHINA

【画像を見る】「チキンカリープレート」(1000円)。ローストしたミックススパイス「ツナパハ」で下ごしらえした鶏肉の存在感が光る / CURRY&BAR KACHINA

カレーを趣味で作り始め、その魅力にはまり開業。調和を大切に、ひと口目はスパイス由来のパンチがしっかり、食べ進めるうちにまとまりのある一皿に仕上げる。カツオ節の旨味、野菜の食感など、素材の個性が生きる。「チキンカリープレート」は1000円。

ガラス張りの明るい店内 / CURRY&BAR KACHINA

ガラス張りの明るい店内 / CURRY&BAR KACHINA

[CURRY&BAR KACHINA(カチナ)]福岡市早良区城西3-12-21 アーバン西新・曙1F / 電話なし / 12:00〜15:00、月曜は~14:30(LO各30分前)※売り切れ次第終了 / 土曜・日曜・祝日、8月6日(火)~15日(木)休み

大地の力みなぎる野菜オンリープレート「インド食堂 ワナッカム」

「ベジミールス」(1000円) / インド食堂ワナッカム

「ベジミールス」(1000円) / インド食堂ワナッカム

インド全土を食べ歩いた砥綿(とわた)さんが行き着いたのが油少なめ、優しい味わいのミールス。現地の味を再現し、特に「ベジミールス」(1000円)の完成度が高い。塩だけで調味したとは思えない複雑なテイストに驚かされる。

[インド食堂 ワナッカム]福岡市中央区清川3-19-2 / 090-3799-5362 / 12:00~15:00、18:00~21:00(各LO) / 月曜休み、不定休

遊び心が光る驚きの一皿「筥崎荘々」

「カレー」(1200円) 。写真はミャンマー風のチキンカレー「チェッターヒン」をアレンジしたもの / 筥崎荘々

「カレー」(1200円) 。写真はミャンマー風のチキンカレー「チェッターヒン」をアレンジしたもの / 筥崎荘々

すべての画像を見る(10件)

リノベーションビルの1室を利用。18年11月から出し始めたカレーは、和食経験豊富な料理人・SAKIさんが腕を振るい、週替りで1種類(1200円)を用意する。“驚きを大切にしたい”と独創性あふれる一皿を毎回考案。

ハイセンスな店内。ギャラリーを兼ねている / 筥崎荘々

ハイセンスな店内。ギャラリーを兼ねている / 筥崎荘々

[筥崎荘々(はこざきそうそう)]福岡市東区箱崎3-9-38 明石ビル2F / 092-409-8500 / 11:00~21:00、木~土曜は~23:00、日曜は~18:00(LO各15分前) / 水曜休み

話題のカレー賞を受賞!“クヮッチー”な沖縄カレー「クヮッチースパイス ユクル」

「日替りカレー」(800円) / クヮッチースパイス ユクル

「日替りカレー」(800円) / クヮッチースパイス ユクル

「JAPANESE CURRY AWARDS」の新人賞を獲得した実力派。毎日仕込むカレーは日替り1種類(800円)で、沖縄の食材や調味料を軸に作る。日曜は、3種類合いがけのチャンプルカリーなど、アレンジカレーが登場。

[クヮッチースパイス ユクル]福岡市中央区渡辺通2-3-2 三角市場内 / 092-724-0920 / 11:30~14:00、土曜・日曜・祝日~15:00 / 月・木曜休み

スパイスの効いたカレーをつまみにちょっと一杯「タマガワカリードットコム」

「合がけカレー」(1050円)。写真はネギ好きのネギーマと、新じゃがとトマトのチキンカリー / タマガワカリー ドットコム

「合がけカレー」(1050円)。写真はネギ好きのネギーマと、新じゃがとトマトのチキンカリー / タマガワカリー ドットコム

カレーは糸島零ONE(ゼロワン)ポークビンダルーをはじめ全3種類あり、メニューごとに異なるスパイスを使い分ける。ビールなどが付く平日のランチセット(+250円)や、小学生以下用のKID'Sカレー(500円)もある。「合がけカレー」は1050円。

[タマガワカリードットコム]福岡市南区清水1-24-18 玉川ビル1F / 050-5436-3795 / 11:30~14:00(LO)、17:30~20:30(LO) / 日曜・月曜・祝日、木曜の夜休み

持ち帰りオンリーのカレーショップ「クジャクカリー」

「スパイスカリーダブル」(880円)はポークとキーマの2種類。ポークは別皿 / クジャクカリー

「スパイスカリーダブル」(880円)はポークとキーマの2種類。ポークは別皿 / クジャクカリー

テイクアウト専門。仕込みは野菜、肉など素材ごとに調理し、最後に合わせることで、各食材の個性を引き立たせる。カリーは全3種類、680円~。

[クジャクカリー]福岡市中央区薬院1-12-32 / 090-8414-9289 / 11:00~14:30 / 日曜、祝日休み

人気ゆえに3号店が登場「106サウスインディアン ベイサイドプレイス博多店」

「スペシャルシーフードカレー」(1404円) / 106サウスインディアン  ベイサイドプレイス博多店

「スペシャルシーフードカレー」(1404円) / 106サウスインディアン ベイサイドプレイス博多店

北九州市若松区の本店が、某グルメガイドブックに掲載され、一躍福岡を代表する店の一つに。激辛のカシミールカレー(1026円)が人気No.1。

[106サウスインディアン ベイサイドプレイス博多店]福岡市博多区築港本町13-6-C 1F / 092-291-1065 / 10:00~15:00、16:30~20:00、土曜・祝日10:00~21:00、日曜10:00~20:00(LO各30分前) / 無休

明太子の老舗直営ショップに注目!「カレーの298」

「ロースカツカレー」(842円) / カレーの298

「ロースカツカレー」(842円) / カレーの298

「明太子のふくや」直営。明太子のスパイスを研究し続けてきただけに、辛さはもちろん風味も重視。辛さは7段階あり、3倍から有料(+108円~)。「ロースカツカレー」は842円。

[カレーの298(ニーキュウハチ)]福岡市西区姪の浜4-8-2 えきマチ1丁目姪浜内 / 092-884-0501 / 10:00~21:00 / 施設の休みに準ずる

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る