神奈川新店の大本命は“煮干し”が昇華したパワフルな一杯

2019年10月8日 11:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

神奈川の本当に旨いラーメン店がまるわかり!令和でパワーアップした「ラーメンWalker2020神奈川」が今年も登場。掲載されている300杯以上のラーメンから、店主たちが自分のアイデアを際限なく引き出し、煮干しの旨味を極限まで高めた一杯をご紹介。編集部が認めた「絶対に食べておきたい」珠玉のラーメンを要チェックだ。

濃厚ながらサラリと飲みやすい、煮干し100%スープ

【写真をみる】「煮干しらーめん」(780円)。煮干しの風味は強いが口当たりはなめらか

【写真をみる】「煮干しらーめん」(780円)。煮干しの風味は強いが口当たりはなめらか
(C)撮影=岩堀和彦

すべての画像を見る(8件)

店主は「丿貫福富町本店」の2号店で店長を務めていた。同店仕込みの「煮干しらーめん」(780円)のほか、「オマール海老らーめん」(880円)など個性的なメニューもそろう。

「味噌にぼチョン」(900円)、にぼ玉増しはプラス(50円)

「味噌にぼチョン」(900円)、にぼ玉増しはプラス(50円)(C)撮影=岩堀和彦

「味噌にぼチョン」(900円)は、北海道の辛味噌ラーメンをアレンジ。にぼ玉(煮干しペースト)で味変ができる。

■煮干しらーめん 紫乱(しらん)

住所:神奈川県横浜市港南区上大岡西2-6-31 電話:045-367-8699 時間:11:30~15:00、18:00~22:00(各LO) 休み:不定 席数:7席(カウンターのみ) ※禁煙 駐車場:なし アクセス:京急本線ほか上大岡駅西口より徒歩5分

多幸感満載!濃厚魚介豚骨の芳醇スープ

芳醇な香りが魅力の、「煮干しらーめん」(800円)。レンゲにのった煮干しパウダーで味変もOK!

芳醇な香りが魅力の、「煮干しらーめん」(800円)。レンゲにのった煮干しパウダーで味変もOK!(C)撮影=遠藤 潤

「麺匠 濱星」などで修業後、独立。看板は「煮干しらーめん」(800円)。豚のゲンコツをベースに、厳選鶏、サバ節、宗田ガツオ、煮干し、昆布などを合わせた濃厚魚介豚骨スープが自慢。和え玉(200円)も。

「特製魚豚つけ麺」(1,100円)

「特製魚豚つけ麺」(1,100円)(C)撮影=遠藤 潤

「特製魚豚つけ麺」(1,100円)は、濃厚魚介豚骨スープをベースに、カツオ節をプラス。トッピングに香味野菜や生姜、大葉を添えた一杯。

■さかなとブタで幸(こう)なった。

住所:神奈川県川崎区中原区上新城2-10-15 新城ロイヤルプラザ102 電話:非公開 時間11:00~14:00、18:00~23:00、日曜 祝日11:00~15:00(各LO)※スープがなくなり次第終了 休み:月曜 席数:6席(カウンターのみ) ※禁煙 駐車場:なし アクセス:JR線武蔵新城駅北口より徒歩2分

煮干しの風味がガツンと効いた一杯

「極上煮干しらーめん」(800円)。麺はスープに合わせた特注の細麺を使用

「極上煮干しらーめん」(800円)。麺はスープに合わせた特注の細麺を使用(C)撮影=遠藤 潤

川崎エリアではまだ珍しい煮干しの専門店。煮干しの旨味が凝縮した「極上煮干しらーめん」(800円)。豚骨・鶏ガラに大量の煮干しと合わせたスープはコクがたっぷり。そこに煮干しの風味がガツンと効いている一杯。

「煮干しらーめん」(700円)。清湯ベースのあっさり系

「煮干しらーめん」(700円)。清湯ベースのあっさり系(C)撮影=遠藤 潤

コトコトじっくり煮込んで旨味を抽出した、清湯ベースのあっさり系、「煮干しらーめん」(700円)も人気。

■煮干しらーめん さかもと

住所:神奈川県川崎市宮前区有馬1-1-6 電話:044-870-7199 時間:11:00~15:00(LO14:50)、18:00~23:00(LO22:45)、日曜 祝日11:00~15:00(LO14:50)、17:00~21:00(LO20:45) 休み:不定 席数:15席(カウンター11、テーブル4) ※禁煙 駐車場:なし アクセス:東急田園都市線鷺沼駅より徒歩2分

クラシックスタイルが魅力の煮干し麺

昔懐かしいをテーマにクラシックスタイルの煮干しラーメンを再現した、「にぼそば」(780円)。

昔懐かしいをテーマにクラシックスタイルの煮干しラーメンを再現した、「にぼそば」(780円)。(C)撮影=遠藤 潤

葉山「一酵や」(現在閉店)から独立し、新たに自分の好きなラーメンを作りたいと開業。看板が煮干しを主体にした淡麗系の「にぼそば」(正油 780円)と、カタクチイワシの粉砕粉を加えた肉だしつけ麺だ。

「煮干肉だしつけ麺」(880円)

「煮干肉だしつけ麺」(880円)(C)撮影=遠藤 潤

「煮干肉だしつけ麺」(880円)は、日本そばを意識して開発した一杯。濃厚煮干しのトロミのあるつけ麺で、特注の太麺はモチモチ。

■りはっちゃん

住所:神奈川県横須賀市公郷町1-53-11 電話:非公開 時間:11:00~15:00(LO14:50)、17:30~22:00(21:30)、土曜、日曜 、祝日11:00~15:00(14:50)、17:00~21:00(20:30)※スープがなくなり次第終了 休み:不定 席数:10席(カウンターのみ) ※禁煙 駐車場:2台(無料) アクセス:JR横須賀線衣笠駅より徒歩15分

【取材・文=エディターズ・キャンプ(斉藤育代)、河合哲治郎、撮影=遠藤 潤、岩堀和彦】

※表記価格は税込で、「ラーメンWalker2020神奈川」の取材時(2019年9/26現在)のものです。

2019年10/1の消費税率の改定に伴い、料金が変更になっている場合があります。ご注意ください。

※GW、お盆、年末年始の休業日、営業時間などについては基本的に掲載しておりません

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る